Amazonで2016年に100点以上商品を購入している、ヘビーユーザーの私です。
田舎に住んでいるので実店舗にいってもほしい型番の商品がないことが多く、また商品の質を重視するのが好きなので、アマゾンの口コミを見て商品を購入するのが大好きなんです。

今回はいつもとおりアマゾン内を巡回していたら、育毛サプリで高評価の商品を発見したので、早速検証してみました。

検証ポイントは、

1. 会社の信頼度
2. 成分
3. 理論
4. 論文
5. 特許
6. 体験者
7. サポート力(会社の対応力)
8. 価格

の8つです。

レボトニック(RevoTonic)の商品スペック

商品名 レボトニック(RevoTonic)
会社名 株式会社ToK
主成分 ノコギリヤシ種子エキス
副成分 亜鉛含有酵母、フィーバーフュー乾燥エキス、プエラリアミリフィカ末
形状 打錠
内容量 60粒(1日2粒で30日分?)
価格 8,980円

1. 会社の信頼度

まず会社の公式サイトを確認しようと思ったのですが、いくら探しても出てきません・・・
自称検索するのが得意だと自負しているのですが、見つけることができませんでした。

レボトニックの販売ページ自体は公式っぽいものが存在しますが、非常に簡素です。
また、サイト内の「プライバシーポリシー」と「会社概要」をクリックしても、目的のページに移動できません・・・

簡素というか正直雑すぎて全く購入する意欲がわきませんでした・・・

考えられることとしては、自社のサイトでは販売する気はなく、Amazonのみでしか販売する気がないこと可能性があります。

ただし、あまりにも会社の情報が不足しているので、個人的な全く評価できません。

2. 成分

ノコギリヤシ種子エキス、亜鉛含有酵母、フィーバーフュー乾燥エキス、プエラリアミリフィカ末が配合されており、「成分の選定としては良い」と思います。

しかし、肝心の配合量に関する情報が一切ありません

さすがにこれだけ情報がないと、元プロの自分でも「商品の善し悪し」が判断できませんが、こういう時は「情報を出せない理由がある」=「競合他社よりも配合量が少ない」可能性が高いと考えます。

ですので、成分に関しても全く評価できません。

3. 理論

薬機法の問題は二の次として、通常育毛サプリを販売する時は「なぜ髪の毛に良い影響を与えるのか」を説明して、商品を販売します。
しかし、このレボトニックにはそういった情報が一切ありません。

薬機法を遵守している点は評価ができますが、肝心の「商品の理論」が何もありません・・・

4. 論文

理論と同じく研究に関する情報も一切ありません。

「5. 特許」と「6. 体験者」の情報も同様に一切ありません。

7. サポート力

いつもはメーカーに問い合わせるのですが、あまりにも会社の情報と商品の情報が不足しており、個人情報を渡したくありませんので問い合わせは行いません。

通常は公式ページにFAQと言ってQ&Aで、あらかじめ質問が多い項目に対してのページを用意します。
これがない時点でサポート力も悪いと判断します。

8. 価格

8,980円ですので育毛サプリの競合品と比較をして高い商品になります。
本来は、「配合原料の種類と量」「研究開発費」などを考慮して価格を評価します。

しかし、なにも情報がないために「単純に高すぎる」と思います。

総合得点 19点

1. 会社信頼度 1.0
2. 成分 1.0
3. 理論 1.0
4. 論文 1.0
5. 特許 1.0
6. 体験者 1.0
7. サポート力 1.0
8. 価格 1.5

総合得点を算出しましたが、とにかく「会社」と「商品」の情報が不足し過ぎているために、かなり低い点数になりました。

商品スペックだけを見れば、この商品がなぜAmazonで高評価になるのかが個人的には全くわかりません
※今後情報収集を行い総合得点の修正は行います。

Amazonのレビューを1つずつ調査してみた

これだけ商品に関する情報が不足しており、なおかつ価格も高い商品がなぜレビューで高評価なのか?が気になるので、レビュー内容を調査してみました。

レビュー履歴(個数)と人数の分布

Amazonのレビューは商品の評価をするのが好きな、私のような人が多いのが特徴です。
そのため、けっこう辛口のレビューが多いです。

個人的にはレビューする目的は、レビュワーとしての知名度というか「30人のお客様が役に立った」というように、投票数の多さの承認欲求を求めています。
単純に言えば「自己満足」です

ですので、レビュワーの信頼性としては「レビューの数が多い人」ほど信頼できると考えています。
レボトニックのレビューをまとめた結果は下記の表です。

レビュー履歴 人数
1個 10人
2個 4人
3個 2人
4~10個 2人
10~20個 3人
50個以上 1人

これをまとめて気がついたのは非常にレビュー数が少ない人物が多いことです。
10個以下が18人、10個以上がわずか4人です。
そして、レボトニックしかレビューしていない人物が10人もいます。

なぜか同一商品のレビューが多い

2個以上のレビューをしている人物は12名いますが、なぜかその内4名がレボトニック以外の同一商品をレビューしています・・・

レビュー履歴複数 惚れルンですをレビュー
12人 4人

レビュワーの偏りが気になる

レビュー数が少ない人物が多い点が気になったので、レビュワーの名前についても調査しました。
レビュワーは承認欲求を求めている人が多いので多数のレビューをする人は「ハンドルネーム」を使用する可能性が高いです。

反対に単発のレビューなど今後レビューを続ける気がない人は「Amazonカスタマー」のデフォルト名でレビューをします。

参考までに同じ育毛サプリとして有名なスカルプDのアンファー社の商品と、ネーミングの比率を比較しました。

名前 レボトニック アンファー
レビュー人数(全数) 22 36
Amazonカスタマー 12 6
ハンドルネーム 10 30

レボトニックの方がやたらと「Amazonカスタマー」の人物が多いことがわかります。

本来はヘビーユーザーの口コミが多くなると思うのですが、レボトニックは反対に初心者ユーザーが多いので他の商品と比べると、レビューの傾向が違うように感じました。

※人によってはデフォルトの「Amazonカスタマー」でアカウントを運用したい人もいると思うので、Amazonカスタマーの名前のままが悪いとは思っていません。

まとめ

商品のスペックがあまりにも不明
レビューでは高評価だがレビュワーの質が信頼できない

年間で100点以上Amazonで購入をしている、このレボトニックのようにレビューの評価が極端に良い商品を時々見かけることがあります。
そういう時は、その商品を購入しません。

あくまでも個人的な判断ですが、「商品スペック」と「レビュー」を見て、レボトニックを買いたいとは全く思いませんでした

ノコギリヤシを含んだオススメサプリはこちらのページで比較をしています。