皮脂が酸化されることで発生する頭皮のイヤな臭い。余分な皮脂が頭皮に残っている証拠であり、当然、髪にもマイナスの影響を与えます。今回は、頭皮のイヤな臭いと育毛の関係についてご紹介しましょう

臭いの原因は皮脂の酸化

頭皮のイヤな臭いの原因は、皮脂が酸化されることにあります。

毛穴から分泌される皮脂は、頭皮や髪を刺激から守ったり、細菌の増殖を抑えたりといった働きがあり、本来、頭皮や髪にとって必要なものです。しかし、皮脂の分泌が増えて、余分な皮脂を洗いきれずに残したりすると、皮脂に含まれる脂質が酸化して「過酸化脂質(かさんかししつ)」という物質に変化します。これがイヤな臭いを発するのです。

皮脂は、頭皮に長時間残ると空気中の酸素に触れて酸化されやすくなりますが、それ以外に、皮脂をエサとする細菌によって過酸化脂質に変えられることもあります。

つまり、頭皮やイヤな臭いを発しているということは、皮脂の分泌が増えていたり、頭皮の洗浄が不十分であったりするため、その状態が長く続くと、髪にとってはマイナスとなってしまうのです。

不十分なケアが頭皮の臭いを生む

頭皮がイヤな臭いを発している時には、下に挙げるような事柄に心当たりがないかどうか、チェックしてみましょう、

頭皮の洗浄が不十分

シャンプーで洗髪を行うときに、髪の汚れだけさっと落としておしまい、ということはありませんか。皮脂はおもにお頭皮に残りやすいため、余分な皮脂をしっかり落とすためには、髪といっしょに頭皮の洗浄もしっかり行いましょう。

指の腹で、生え際から頭頂部に向かって、毛穴の皮脂を揉み出すようなイメージで、マッサージを行うように洗浄すると効果的です。

生活習慣が不健康になっていないか

生活リズムや食事のバランスが乱れていたりすると、皮脂の分泌が多くなって、頭皮に臭いの素である過酸化脂質が作られやすくなります。以下のような生活習慣に心当たりがある方は注意が必要です。

・睡眠不足が続いている。
・あまり運動を行わない。
・いつも満腹まで食べる。
・脂っこい食事が好きで、野菜が少ない。
・お酒をたくさん飲む。
・心配事が多く、いつも緊張している。

このような習慣のある方は、できるところから一つずつ改めて、皮脂の分泌を正常に保つようにしましょう。

いかがでしたか。頭皮の臭いは、自分ではなかなか分かりづらく、他人に指摘されて初めて分かることも珍しくありません。そうなる前に、日ごろからケアを怠らないようにしましょう。