喫煙が身体に悪いだけでなく、髪にも悪影響があるということはもちろん、ご存知の方がほとんどでしょう。

しかし、「喫煙は百害あって一利なし」とわかっていながら、タバコはやめられない方も多いと思われます。

タバコをやめようと思ってもなかなかやめられない原因は、意志が弱いため……というよりは「ニコチンの持つ薬理作用」です。

タバコを止められない原因は「ニコチン」です。
ニコチンは依存性という厄介な薬理作用を持っています。

ニコチンがあれば、今、起きている不快感などは解決するということを脳が覚えてしまったためです。

ニコチンに依存性が出現する理由

脳にはニコチンレセプター(受容体)が存在しています。
タバコを吸い、ニコチンが放出されて、脳のニコチンレセプターにニコチンが結合します。

そのとき、ドパミンという神経伝達物質が出ます。
このドパミンが「気持ちをホッさせる」「イライラがなくなる」といった多幸感をもたらします。
このドパミンが「気持ちがすっきりする」「いらいらしなくなる」といった快感をおこします。

しかし、この多幸感はそのときの状況にもよりますが、長く続きません。

しばらくすると、それは消え、禁断症状が出始めるため、再び快感を求めてタバコを吸ってしまう、この繰り返しです。
このニコチンの依存から逃れるのは、覚醒剤やコカインと同等に困難を極めるといわれています。

従って、自分の意志だけでタバコを止めるのは至難の業ということになります。

中には禁煙外来にも行かず、意志の力だけで禁煙を実現できたよという方もいらっしゃるでしょう。
そのような方は是非、「よく頑張った」と最大級に自分をほめてあげて欲しいと思います。

ニコチンが薄毛にさせる原因

ニコチンは血管を収縮させる働きがあるため、心血管系に悪影響を及ぼすことはよく知られています。

発毛を作動させる毛母細胞への栄養も血管を介して運ばれます。
このとき、ニコチンが影響していると血管が収縮して毛母細胞のほうにまで十分な栄養が届かなくなります。

また、毛母細胞の増殖が緩慢になり薄毛が進行することになります。

タバコをやめるおススメの方法

一番確実なのはやはり、禁煙外来の受診です。
ニコチンパッチとか禁煙ガムとか自分でやる方法も色々ありますが、やはり、ニコチンの依存が邪魔して、禁煙しても再び喫煙に戻るケースが非常に多いです。

AGA治療は保険適用にならず、全額負担ですが、禁煙外来は条件付きとはいえ、保険適用になります。

あと、最近ブームになっていますが、アイコス、プルームテックといった加熱式タバコを「目指せ! 禁煙」に使用できないでしょうか?

タバコの三大悪といわれる、ニコチン、タール、一酸化炭素のうち、ニコチン以外は9割近く削減されているとアイコスなどの公式サイトで公されています。

その唯一、入っているニコチンもタバコよりはかなり減量されている、受動喫煙の危険性もタバコほどではないとのこと。

タバコからいきなり禁煙へは成功率が低いのでは?

ニコチン依存を考えると、いきなり禁煙よりは、禁煙に向かう移行期に加熱式タバコで低ニコチン状態になれるのもいいのではと考えます。

加熱式タバコについては、否定する呼吸器専門の医師も多いと言うことをお知らせしておきます。

発売したばかりでまだ長期的な安全性の見通しがないこと、タバコにはない有害物質(エチレングリコールなど)などが入っている、その他……が加熱式タバコを否定する意見のようです。

ただ、ニコチン、タールも一酸化炭素も高濃度に入ったタバコよりは加熱式タバコのほうが髪への悪影響は軽減されるのではないでしょうか?