ネット上で一時期話題になった「ホームレスにハゲはいない」ですが、実際のところはどうなのでしょうか?個人の主観やイメージによって結果が左右されてしまう話題ですが、参考になる書籍があったので紹介をします。

実録潜入ルポ「育毛物語」

双田さんというルポライターさんが、実際に育毛クリニックを訪問する実録ルポで、育毛業界の闇の部分が見えて面白い本です。

その中で、上野公園でホームレスにハゲはいるのか?という調査をしった結果が載っています。

統計をとった結果、人数が約400人。帽子組が約200人で不明、頭頂部が薄い人は60人程度。判別がつかない程度が約140人。暫定のハゲ率が約30%ほど。

アデランスの2004年度の調査では、日本の成人男性における薄毛率は26.05%であったという。

※書籍「育毛物語」より引用

ホームレスにハゲはいないというのは、個人のイメージ

ホームレスにハゲはいないという語源の元は、悪い話題で有名になっている岡田氏の言葉のようですが、おそらくたった一度見ただけの個人の主観というかイメージだけで、信ぴょう性が薄い意見だと思います。

現にホームレスを対象にした統計を取れている明確な数字があるのは、この育毛物語だけではないでしょうか?

ネット上ではホームレスにハゲはいないというの定説になっているようですがね。ただし、ホームレスにハゲがいないと言われている根拠として、シャンプー関連に触れられていることは間違いではないことだと思います。

ホームレスのシャンプー回数

育毛物語では、ホームレスのシャンプー回数についても触れられています。

ほとんどの人が週に1回程度のシャンプー回数で、15人が固形石鹸で5人が市販のシャンプーであった。

その中でのホームレスのコメント

「洗わなきゃハゲるなんてないさ」
「ほら、みんな髪にクリームをつけているでしょ、それがダメなんだ。ああいうせいで髪が抜けるんだ」
「そもそも食べ過ぎなんだよ。考えてみなよ、俺達のじいさんばあさん、なに食ってた?あんまり食ってないんだよ。一日一食とか平気だよ。栄養素はそんなにいらないんだよ」

確かにシャンプーの回数は非常に少ないです。おそらくほとんどの男性が毎日髪を洗っていますが、髪の毛は抜けていく一方の人もいます。シャンプー諸悪説でいうと、シャンプーしても髪の毛は増えない。だから、シャンプーなんていらないという意見がありますが、これは個人の頭皮環境によって異なると思います。

私は頭皮だけでなく肌自体がかなり脂が多い体質で、夜シャンプーをしても翌朝にはかなりの脂が出てきてしまいます。これが夏になると多汗症も合わせて汗と脂が多く出て、放置すると嫌な臭いが出てしまう始末です。

一方、汗も脂も少ない人は、シャンプーの回数を減らしても影響は少ないと思います。

結局シャンプーの何がいけないかというと、洗い残しの化学物質が頭皮や髪に悪い影響があることです。シャンプーが育毛に直接関係がないことは広く知られています。一方、洗い残しによる悪影響がどの程度かはわかりませんが、頭皮や髪にとって悪い影響がある可能性は否定できませんからね。

ホームレスのコメントの「整髪料」と「食べ物」に関してですが、これも大きな原因ではなく、小さな原因の1つだと思います。

このようにホームレスにハゲがいないというのは、信ぴょう性が薄い事実だと考えられます。注意したいことは、シャンプーも整髪料も悪い影響があるものは、極力頭皮に触れさせないことが大事です。