非常に難しい質問ですよね。いきなり、結論をいうと誤解を生じてしまうかもしれませんので、結論に至るまで申し訳ありませんが、読み進めてください。

ただ、結論は一つではないかもしれません。
読み進めながら、ご自分の結論を見つけていただければと思っています。

現在の日本の基準

安くても、一応、日本国内の市場に出回っているということは、それらに入っている成分は、安全性があるから厚生労働省が「販売してもいい」とOKサインを出したことになります。

日本は非常に厳しく、一応、闇ルートでなく正規ルート、たとえばドラッグストアや薬局などで入手した製品の安全性は、保障されていると考えてOKです。
ただし、その製品に表示されている通りの量と使用方法を守ってるという条件付きです。

書かれている以外の方法や量で副作用や、不利益な症状が出た場合は、自己責任で対処しなければいけません。
医薬品、医薬部外品、化粧品、それぞれに適正使用者に対する安全保障の公的制度が設けられています。
適正使用以外で何か不利益な症状が出た場合は、このような公的制度を受けることはできませんので、医療費も100%自己負担となります。

この視点から考えた場合、日本製品では適正使用であれば安くても高くても、体に対する危険性はないと考えていいと、思われます。
従って、安いシャンプーの成分でも表示の用法用量を守れば、健康を害することはないわけです。
中には、安くても高そうな成分が混じっている、製造元の気持ち(?)が入っていることもありますが、大体は値段に見合った認可成分が入っています。

ただ、医学や科学は日進月歩で進んでおり、安全性ありと認可された成分が数年後に使用禁止成分になったことは、過去に何度もあります。

認可された成分の安全性もピンからキリまでの幅がある
同じシャンプーを使用しても頭皮が突っ張って乾燥気味になる人、何にも変化が無い人色々あります。

人によって身体に悪い成分が異なる

この「身体に悪い成分が人によって異なる」というのは、厚生労働省が認可した同じ成分でも人によっては何でもない人もいれば、過敏に反応して不利益な症状が出てしまう人もいるということです。
従って、安いシャンプーだからというよりは、高価なシャンプーでもある人にとっては悪い(体に合わない)成分が入っている可能性はあります

シャンプーの製造元は健康的な人を基準にする

アレルギーなどなく、健康な人が使用した場合を基準にして製造していますから、高価格になるほど、品質が上がり、頭皮や髪の毛にいいアミノ酸界面活性剤などが配合されて、「高いお金を出しただけのことはある」と感じ入るわけです。

だから、安いシャンプーにはその価格に見合った成分を配合するのは当然のことで、身体に悪い成分を配合したという意識は、製造元にはないはずです。
安いシャンプーの成分=身体に悪い成分というのは、非常に短絡的な思考です。

安いシャンプーの成分でも身体に悪い成分は、基本的には配合できない

シャンプーの製造元は、高価格のシャンプーのほうが作りやすいと思います。
安価なシャンプーの場合は、少ない予算、その上、厚生労働省が許可した中でその安価なシャンプーに見合った成分を探さなくてはいけないので、たいへんです。

高い、安いというよりはまずは配合成分が自分に合っているかどうか

安いから、また、高いからという規準は、たくさんのシャンプーが市場に出回っている現在では、ナンセンスかもしれませんね。

配合されている成分が自分に合うかどうかが第一で、その次に自分が考えている予算とそのシャンプーの価格が見合っているかどうかの順番が理想的でしょ

また、「使ってみたら、とてもよかった、高かっただけのことはある」逆に、「価格が安かった割には良かった」、「結構、高かったのに髪はパサパサ」……というようなこともありますよね。

昔は「安い成分=体に悪い成分」という物が多かったと思います。
そのため、これまでに粗悪品が販売されて色々、問題がおきました。

しかし、現在は消費者も品質に敏感、また、大ニュースとなったある某化粧品会社の石けんのトラブル問題もあって、製造元も非常に神経質になっています。

昔のように粗悪な成分で、ぼろ儲けしようという日本の会社は、激減したように感じます。
このようになったのは消費者が賢くなったということを意味しています。

消費者の厳しい目が、販売会社の姿勢を変えていきます。
安いからといって、身体に悪い成分など絶対に配合できないように監視するという消費者センターや消費者自身の姿勢が大切です。