いまや健康食品の代名詞とも言える”黒酢”

実は黒酢は、育毛に大切な栄養素もたくさん含んでいるのです。今回は、そんな黒酢と育毛の関係をご紹介しましょう。

玄米と大麦を長期間じっくり熟成させる”黒酢”

そもそも黒酢と普通のお酢(食酢)は何が違うのでしょうか。それは、原材料と熟成期間にあります。

普通のお酢は、米や小麦などいくつもの穀類に、酒かすやアルコールなどを添加して発酵させることで作られます。一方黒酢は、玄米もしくは大麦のみを原材料として作られます。

また、普通のお酢は発酵後に1か月ほど熟成させるのに対して、黒酢は発酵の後、少なくとも1年、長いものでは3年ほど、じっくり熟成されます。

その結果、普通のお酢とは違い、濃厚な黒い色が出て、たくさんの健康的な栄養成分を含んだ黒酢が出来上がるんですね。

アルギニン、イノシトール、クエン酸が育毛に働く

黒酢には育毛に役立つさまざまな成分を含んでいます。

アルギニン

黒酢には、普通のお酢と比べて4倍ものアミノ酸が含まれています。その中でも、育毛に役立つのが”アルギニン”というアミノ酸です。

アルギニンは、体内に入って、一酸化窒素という物質に変わります。一酸化窒素は血管を柔らかくして広げる働きをしてくれます。このため、頭皮の毛細血管が広がって血行が良くなり、育毛にプラスの働きをしてくれるのです。

イノシトール

イノシトールは、全身の至るところで働いて、健康を維持してくれる成分ですが、中でも育毛と関係するのは、神経を作る細胞で働くイノシトールです。

イノシトールが十分に補給されることで、神経細胞の信号伝達が正しく行われ、健康な髪の毛のサイクルが正しく回るようになるのです。

クエン酸

黒酢にはもうひとつ、クエン酸という栄養素がたくさん含まれています。

クエン酸は、全身の細胞で、食べ物を燃やしてエネルギーを作るサイクルを回して、疲れた体を素早く回復させる働きがあります。疲労回復によるストレスの軽減が、育毛にプラスになるのです。

長期間熟成された本物の黒酢を

育毛に良い成分をたくさん含む黒酢ですが、黒酢を選ぶ上で注意すべきことが一つあります。

もともと黒酢は、玄米や大麦を使って、3年という長い期間熟成されてようやく出来上がるものです。しかし、2003年に黒酢に関する新たな法律が作られて、1~2日の短い時間で完成する製法(連続法)による黒酢が出回るようになってしまいました。

もちろん、短い熟成期間ですから、含まれているアミノ酸の量など、長く熟成させた本物の黒酢より少なくなってしまっています。

したがって、黒酢を選ぶときには、長い期間しっかりと熟成された黒酢を選ぶようにしましょう。

いかがでしたか。育毛に頼もしい成分たっぷりの黒酢。今日からあなたも始めてみてはいかがでしょうか。