汗を異常にたくさんかいてしまう多汗症。そもそも汗をたくさんかくことは、なぜ髪の毛に良くないのでしょうか。今回は、多汗症と育毛の関係についてご紹介しましょう。

汗がたくさん出る「多汗症」

多汗症は、体温調節に必要な量をはるかに超えて、汗がたくさん出てしまう状態を言います。

原因は、自律神経の乱れだったり、精神的な刺激やストレスだったりとさまざまです。健康な人でも一時的なストレスが原因で汗がたくさん出ることはありますが、多汗症の人では、それよりもはるかにたくさんの量の汗が出るのが特徴のようです。また、甲状腺の病気や血糖値の下がり過ぎでも、異常な量の汗が出ることがあります。

汗がたくさん出ることは、日常生活でさまざまな問題を引き起こしますが、育毛という点から考えても、髪の毛にマイナスの影響を与えてしまいます。

汗とともに皮脂の放出も増える

そもそも、汗をたくさんかくことは、なぜ髪の毛に良くないのでしょうか。それは、汗と一緒に、皮脂の放出も増えてしまうからです。

皮脂がたくさん放出されると、毛穴がふさがりやすくなります。この段階で、きちんと頭皮のケアを行えば、皮脂は取り除かれて、事無きを得ます。しかし、頭皮のケアを怠ると、皮脂が毛穴をふさいだままになり、その中で、なんと雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

毛穴で雑菌が繁殖することは、髪の毛にとっては命取りです。体は、雑菌をやっつけようと、たくさんの免疫物質を毛穴に放出します。しかし、この免疫物資は、雑菌だけでなく毛根の細胞にもダメージを与えてしまうのです。

こういった理由で、汗をたくさんかくと抜け毛につながりやすくなってしまうのですね。

寝る前には必ずシャンプーを

汗をたくさんかく人は、病気や体質だからと、育毛を諦めなければならないのでしょうか。

いえ、そんなことはありません。

仮にたくさん汗をかいたとしても、頭皮のケアを怠らなければ、雑菌の繁殖は確実に防ぐことができます。

汗をたくさんかく人は、夜寝る前に、必ずシャンプーを使って髪の毛と頭皮を洗いましょう。そうすることで、毛穴に放出された過剰な皮脂を取り除くことができ、雑菌の繁殖を防ぐことができるのです。

汗をかきやすい人は、このことを忘れないようにしましょうね。

いかがでしたか。汗をたくさんかく人が頭を洗わずに寝るのはご法度です。しっかり頭皮を清潔に保ち、ケアを怠らないようにしましょう。