現在日本には、薄毛を気にしている男性が800人から1000万人ぐらいいると推定されます。2003年に実施した意識調査によると、日本の成人男性4200万人のうち、薄毛を「自認している」人は1260万人、薄毛を「気に病んでいる」人は800万人。また、650万人もの男性が何らかの方法で薄毛への対処をした経験をもち、現在もおよそ500万人が薄毛、抜け毛対策を行っています。つまり多くの男性にとって、頭髪の減少は悩みの種であるわけです。

薄毛は日本だけの悩み?

これは日本に限った現象でしょうか?ひょっとして世界のどこかでは、「薄毛はモテる男の条件」あるいは「薄毛はインテリイメージ」などという国もあるのではないでしょうか。髪型の流行は、その時代や地域ごとに異なる民族、宗教、政治問題なども絡んで、様々に変遷していることが分かりましたが、薄毛や禿頭(とくとう)がもてはやされたことはないようです。

薄毛の歴史

日本では「坊主頭」の名の通り、つるつるに剃り上げた頭と言えば、すぐに思い浮かぶのは僧侶でしょう。すべての宗派で剃髪(ていはつ)が義務づけられてわけではないようですが、頭を丸めるのは「俗世間と縁を切る」との意味だそうです。

戦国時代には敗戦の将が頭を丸めて法体(ほったい)になる習慣もありましたが、これは反省や敵将への服従心を表すものでもあります。現代においても、頭を剃り上げることには、規則を破ったときや、闘い、賭けなどに負けたときの「罰則」のイメージがどこかつきまといます。

日本だけではありません。中国でも刑罰の一種に剃髪がありました。もちろん、一般の人のなかにはファッション的にスキンヘッドを選んでいる人もいますが、髪の毛のない頭に対するイメージは、洋の東西を問わず、あまり芳しくないようです。

「髪に力や命が宿る」といった言い伝えをもつ地域も多く見られます。これもまた、髪の喪失に対するマイナス感情が大きいからこそ生まれた言葉ではないでしょうか。また旧約聖書にも、髪のパワーについての記述がありました。

紀元前11世紀頃、ペリシテ人の支配下にあったパレスチナを舞台にしたサムソンの物語です。ヘブライ人として生まれたサムソンは、神から怪力を授かりましたが、ペリシテ人の娘デリラに恋をしてしまいました。サムソンの怪力にはほとほと手を焼いていたペリシテ人は、デリラを利用してサムソンの「弱点」を探り出し、ついにサムソンを無力化することに成功するのです。

サムソンの弱点とは、髪を失うことでした。ヘブライ人には「強い酒を飲まない」「死体には触れない」、そして「頭には剃刀を当てない」という神との誓いがあり、サムソンは髪の毛を剃られたことでパワーを失ってしまうのです。

このように世界各地で薄毛に関しての言い伝えなどがあります。