さまざまな健康成分を含んでいる緑茶。緑茶の渋み成分であるカテキンが、育毛に効果的であることが分かってきました。今回は、緑茶の成分と育毛の関係についてご紹介しましょう。

緑茶には健康成分がいっぱい

緑茶には、健康に役立つさまざま成分が含まれています。

緑茶に含まれるテアニンという成分は、体をリラックスする方向へ傾ける副交感神経の働きを高めて、ストレスによる緊張をほぐしてくれる働きがあります。また、緑茶のカフェインは、利尿作用があるため、体のむくみや水分の貯留を解消してくれる働きがあります。

もともとカフェインは、交感神経を興奮させて体を緊張状態に傾ける成分ですが、この働きはテアニンのリラックス効果によってバランスが保たれるため、カフェインのマイルドな利尿作用が発揮されるのです。

このように、健康効果の高い成分を多く含む緑茶ですが、もちろん育毛にも良い成分も含んでいるのです。それが、緑茶の渋みのもと、カテキンです。

カテキンが5αリダクターゼの働きを抑える

カテキンは、緑茶の渋みを作り出す成分ですが、育毛にも良い効果を発揮するのです。

カテキンには、5αリダクターゼという還元酵素の働きを抑える作用があることが分かりました。5αリダクターゼとは、男性ホルモンであるテストステロンを、悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)に変換してしまう酵素です。

DHTは、頭皮の毛穴に働いて、毛髪の成長サイクルを途中で止めたり、皮脂の分泌を増やしたりして、男性型脱毛症を進行させる原因物質です。カテキンは、5αリダクターゼの働きを抑えて、DHTの量を減らすことで、育毛にプラスの効果を発揮するというわけですね。

おすすめの利用法は「飲む」

さて、育毛に良い効果があることが分かった緑茶ですが、実際にどのように利用すれば良いのでしょうか。

巷では、飲む以外にも、緑茶で頭皮をすすぐといった方法がよく紹介されていますが、おすすめの利用方法は、やはり「飲む」です。

5αリダクターゼの働きを抑える作用は、毛根の細胞にカテキンが直接働きかけなければ発揮されません。頭皮に直接緑茶をかけた場合、カテキンが毛根の細胞まで届くという保証はありません。しかし、緑茶を飲んで吸収されたカテキンは、血液を流れて頭皮の毛根に確実に到達します。

やはり緑茶は飲むほうが効果への期待は高いと考えられるのです。

いかがでしたか。5αリダクターゼの働きを抑えて育毛効果を発揮するカテキン。早速今日から休憩中の飲み物を緑茶に変えてみてはいかがでしょうか。