「天然成分」や「無添加」、「自然にやさしい」といったことがウリの石鹸系シャンプー。しかし、その性質から考えると、頭皮や髪へ強いダメージを与える可能性が考えられます。

今回は、石鹸系シャンプーが頭皮や髪に与えるデメリットを中心にご紹介しましょう。

長い歴史があり自然にやさしい石鹸の界面活性剤

石鹸系シャンプーとその他のシャンプーの違いは、界面活性剤にあります。石鹸系シャンプーには、界面活性剤として、石鹸と同じ、脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムが使われています。

これら石鹸系の界面活性剤は、人類の歴史上初めて使われ始めた洗浄成分です。世界で見れば約4000年以上前にはすでに使われていた記録が残っているほどです。

また、石鹸系界面活性剤自体は、化学物質の添加されていない天然の成分です。そのため、自然の中で生物によって分解されやすく、環境にやさしい界面活性剤と言えます。

このように、長い歴史、天然成分であり自然にもやさしい性質から、自然派志向、オーガニック志向の人の間で、石鹸系シャンプーは人気を博しています。

石鹸系の界面活性剤がもたらすデメリット

しかし、自然にとってやさしいシャンプーも、頭皮や髪にとっては必ずしもそうではありません。人によっては、使い続けることで頭皮や髪にダメージを与えてしまうこともあるのです。

石鹸系シャンプーの性質から見たデメリットを挙げてみましょう。

皮脂を奪いすぎる

石鹸系の界面活性剤の洗浄力は、洗浄力がもっとも強いと言われる高級アルコール系と同等か、やや弱い程度とされています。したがって、皮脂を落とすという点で見れば、設計系の洗浄力は強いと言えます。

洗浄力が強いと、頭皮のバリアのために残っているべき皮脂まで奪いすぎてしまうため、頭皮が乾燥します。頭皮の乾燥は、かゆみやフケの素になったり、炎症が起こりやすくなったりして、頭皮の環境を悪化させます。

頭皮が荒れるリスクがある

石鹸系の界面活性剤は、弱酸の脂肪酸に強アルカリの水酸化ナトリウム(まはた水酸化カリウム)を反応させて製造されます。したがって、石鹸系の界面活性剤のpHは弱アルカリ性になります。

一方で、健康な皮膚の表面は弱酸性に保たれています。これは、皮膚表面に分泌された皮脂が、皮膚の常在細菌(善玉菌)によって分解されて脂肪酸が作られるためです。つまり、皮膚表面に適度な脂肪酸があり、適度な弱酸性に保たれることで、皮膚表面の善玉菌と悪玉菌のバランスが取れることで、皮膚は健康に保たれるのです。

このバランスを、弱アルカリ性の石鹸が崩す可能性があります。とくに、皮脂の分泌が少ないために、頭皮を弱酸性に保つ力が弱い人では、石鹸系の界面活性剤によって頭皮が荒れてしまうリスクが上がります。

毛髪そのものにダメージを与える

毛髪の表面には、キューティクル層と呼ばれるうろこ状の層が存在しています。キューティクル層は、毛髪内部を外からの刺激から守り、また毛髪成分が外へ漏れ出すのを防ぐ働きをしています。

このキューティクル層は、アルカリ性で開き、酸性でキュッと閉じる性質があります。したがって、弱アルカリ性の石鹸系界面活性剤は、キューティクル層を開かせることで、毛髪そのものに少なからずダメージを与えます。

キューティクルが開いた毛髪は、隣の毛髪との摩擦が起こりやすくなり、キシキシした手触りやゴワゴワした感触を感じやすくなります。

石鹸系シャンプーを使うなら、より慎重なケアを心がけて!

このような石鹸系シャンプーのデメリットの影響は、体質や髪質に個人差がありますが、一般に頭皮が刺激を受けやすい人、髪質が悪くなっている人ほど強く出る傾向にあるようです。

したがって、もし石鹸系のシャンプーで、頭皮がヒリヒリしたり、髪質が悪くなったりした感じる場合は、もっと洗浄力の弱いシャンプー(アミノ酸系やベタイン系)に替えてみることをオススメします。

一方で、「どうしても石鹸系シャンプーを使いたい」という人は、

・シャンプーの成分をよく洗い流す
・シャンプーの際に熱すぎるお湯は避ける
・タオルドライ後に、ヘアオイルで保湿する
・ドライヤーの熱をかけすぎない
・ドライヤーの仕上げに冷風で髪を冷ます

といったことを心がけて、頭皮や髪へのダメージを軽減するようにしましょう。

いかがでしたか。洗浄力が強く、弱アルカリ性の石鹸系シャンプーは、頭皮や髪にダメージを与えやすい性質があります。使用する際は、頭皮や髪の状態に良く注意して、ケアを怠らないようにしましょう。個人的にオススメなのは、やはりアミノ酸系のシャンプーです。