良質な睡眠は、元気な髪の成長には欠かせません。一方で、正しい睡眠リズムで良質な睡眠を取るためには、いくつかの工夫が必要になります。

今回は、良質な睡眠を取るために必要な工夫についてご紹介しましょう。

睡眠リズムが正しく刻まれているのが良質な睡眠

そもそも、良質な睡眠とはどのような睡眠なのでしょうか。それは、睡眠のリズムがきちんと刻まれている睡眠です。

睡眠には浅い眠りであるレム睡眠と深い眠りであるノンレム睡眠にお2種類があります。これら2つの睡眠が、睡眠中に交互に入れ替わりながら、一定の睡眠リズムが刻まれます。この睡眠リズムが正しく刻まれていることが、疲労回復や体力回復、さらには育毛に関わるホルモンバランスなどにとても大切なのです。

しかし、睡眠リズムは、不規則な生活習慣や食習慣、ストレスや夜更かしなどで、簡単に崩れてしまいます。崩れた睡眠リズムが続いていると、十分な休養が取れず、体内の代謝のバランスも崩れてしまうことにつながります。この状態は、もちろん髪の成長にとっても良くありません。

つまり、睡眠リズムを整ええ、良質な睡眠を取ることは、元気な髪の成長には欠かせないものなのです。

良質な睡眠を取るために必要な工夫

睡眠リズムを整えて、良質な睡眠を取るためには、生活の中でいくつかの工夫が必要です。それらを順に見ていきましょう。

光をできるだけ遮断する

眠る前に光を目に入れると、眠気を促すホルモンであるメラトニンの量が減ってしまいます。十分なメラトニンがないと、睡眠リズムが崩れて、眠りが浅くなりやすくなります。

このような作用は、蛍光灯やパソコン、スマホの光でも起こることが分かっています。したがって、眠る2時間くらい前には、パソコンやスマホを見るのをやめて、部屋を暗くしてゆったり過ごすことが大切なのです。

寝室の温度を調節する

睡眠時の部屋の温度は、高すぎても低すぎても、睡眠の妨げになることが分かっています。

睡眠に適した温度に関しては、約15~20℃であるとか、季節によって上下するといった説がありますが、もっとも大切なことは、眠る本人が快適だと感じる温度に設定する、ということです。

室温の調節はエアコンで手軽に行えるため、眠る前に温度設定を行っておくことをオススメします。

規則正しい生活をする

睡眠リズムは、生活リズムと深い関係があります。

とりわけ、夜更かしや朝寝、睡眠不足など、生活リズムが乱れた状態が続くと、それにつられて睡眠リズムも崩れやすくなります。また食事の時間が一定しないことも、少なからず悪影響を与えます。

食習慣に気をつける

たとえば眠る直前に食事をしたり、深酒をしたりすると、眠っている間も消化や分解を行うために、体は深く眠ることができません。

食事は少なくとも眠る2時間前には済ませて、お酒もほどほどに留めておくことが、良質な睡眠のためには大切です。

日中に太陽の光を浴びる

日光のような強い光は、浴びた瞬間にはメラトニンの量を減らすように働きますが、同時に、夜間のメラトニンの量を増加させる働きも持っています。つまり、太陽は、生活リズムと睡眠リズムを整える上で欠かせないのです。

このような作用の恩恵を受けるためには、日中に1時間程度、太陽の光を浴びることが効果的であると言われています。デスクワークなどで室内にいることが多い人は、通勤や散歩などで合計1時間、太陽の光を浴びる時間を作ることをオススメします。

いかがでしたか。現代では生活が不規則な人が多く、そういった人では睡眠リズムも崩れやすくなっています。
改めて自分の生活をチェックして、良質な睡眠が取れるように工夫してみましょう。