シャンプーに洗浄成分として配合されている界面活性剤。強すぎる界面活性剤は、皮脂を奪いすぎることで、頭皮の乾燥を招く恐れがあるのです。今回は、シャンプーの洗浄力を決める界面活性剤についてお話しましょう。

シャンプーの成分を確認してみましょう!

毎日の洗髪で使うシャンプーですが、市販されている製品にはたくさんの種類の成分が含まれています。

シャンプーに使われている成分は、薬事法によって、パッケージにそのすべてを表示することが義務付けられています。したがって、私たち消費者は、シャンプーの容器をひっくり返せば、そのシャンプーに含まれている化学物質のすべてを知ることができるわけですね。

ではこの機会に、いつも使っているシャンプーの成分表示を見てみましょう。

たくさんの化学物質が名を連ねていますね。これらの成分は、使われている量の多い順に表示されています。その中で、最初に表示されている、つまり、使われている量が一番多い成分を見てみましょう。

その成分が、シャンプーに使われているメインの界面活性剤です。

洗浄力が強いと皮脂が奪われすぎることも

界面活性剤とは、油分を水に溶けやすくする洗浄成分です。シャンプーをはじめ、ボディソープ、台所用洗剤など、汚れを落とすためのほぼすべて製品には界面活性剤が使われています。

界面活性剤には、いくつかの種類があり、それぞれ洗浄力に違いがあります。頭皮の主な油汚れは、毛穴から分泌される皮脂です。強い洗浄力の界面活性剤が使われたシャンプーは、泡立ちも良く、よりたくさんの皮脂を落とすことができます。

ここで少し想像してみてください。

皮脂は本来、頭皮を乾燥や細菌から守り、髪が元気に成長する上で必要なものです。不要なのは余分に分泌されて毛穴に溜まってしまった皮脂です。果たしてシャンプーの界面活性剤は、余分な皮脂と本来必要な皮脂を見分けてくれるでしょうか?必要な皮脂は残して余分な皮脂だけを落としくれる、そんな賢い選択が界面活性剤にできるのでしょうか?

答えは「ノー」です。

強力な界面活性剤は、必要か不要かに関わらず、頭皮の皮脂を根こそぎ奪ってしまいます。本来必要な分の皮脂まで奪われると、頭皮は乾燥してカサカサなります。頭皮の乾燥は、炎症のもとになったり、皮脂の分泌を余計に増やしたりして、頭皮環境を悪化させ、抜け毛や薄毛を進めてしまいます。

頭皮が乾燥していつもカサカサしているという人は、シャンプーの界面活性剤で、必要な皮脂まで奪われてしまっている可能性があるのです。

低刺激で頭皮の乾燥を防ぐ、アミノ酸系&ベタイン系シャンプー

界面活性剤でもっともポピュラーなものは、ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naといった「高級アルコール系」と呼ばれるものです。これらは洗浄力が非常に強く、もともと皮脂の分泌が少なかったり、肌質が弱かったりする人では、皮脂が奪われすぎて頭皮の乾燥を招くことがあります。

そういった人では、洗浄力がマイルドでな「アミノ酸系」、もしくは、「ベタイン系」の界面活性剤が使われたシャンプーをおすすめします。

アミノ酸系やベタイン系の界面活性剤が使われたシャンプーには、成分表示のいちばん最初に、「ラウロイルメチルアラニンNa」や「ココイルグルタミン酸」のように、”ラウロイル…”、”ココイル…”といった成分名が記載されています。

これらの成分は、弱い界面活性剤をメインで使うことで、洗浄力を落として、頭皮への刺激を少なくするように設計されたものです。こういった製品によって、必要な皮脂は残すことができ、頭皮の乾燥を防ぐことができるのです。

いかがでしたか。シャンプーの洗浄力や頭皮への刺激は、使われている界面活性剤の種類で決まります。ぜひ一度、毎日使っているシャンプーの界面活性剤を確認してみましょう。