世界中で発毛剤として販売されているミノキシジル(日本名:リアップ)ですが、よく知られているのは「血流促進」による育毛発毛効果ですが、本当のメカニズムは何なのでしょうか?今回はリアップのメカニズムについて紹介をします。

ミノキジルの本当の評価は?厚生労働省のガイドライン

年齢を重ねる度に髪が薄くなってきた際に、育毛剤の第一選択肢になるのはリアップです。これは、日本だけでなく世界的に見てもこの事実は変わりません。その証拠として2010年に日本皮膚科学会が以下のガイドラインを発表しています。

治療方法性別推奨度推奨度の分類
ミノキシジル外用薬男性
女性
A行うよう強く勧められる
塩化カルプロニウム男性
女性
C1行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない
t-フラバノン外用男性
女性
C1行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない
アデノシン外用男性
女性
C1行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない
サイトプリン・ペンタデカン外用男性
女性
C1行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない
セファラチン外用男性
女性
C2根拠がないので勧められない
ケトコナゾール外用男性
女性
C1行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない
フィナステリド内服男性
女性
A
D
行うよう強く勧められる
行わないよう勧められる
植毛自毛
人工毛
B
D
行うよう勧められる
行わないよう勧めれる

このガイドラインを見ると、「行うよう強く勧められる」「A評価」なのは、外用薬の「ミノキシジル」と内服薬の「フィナステリド」の2つのみです。

実際の評価は、以下のように5段階評価になっています。

推奨度推奨度の分類
A行うよう強く勧められる
B行うよう勧められる
C1行うことを考慮しても良いが、十分な根拠が無い
C2根拠がないので勧められない
D行わないよう勧められる

B評価でも効果がある可能性は高いのですが、実際にB評価を受けているものはなく、C1以下の評価です。

育毛剤が何が良いか?を少しでも調べたことがある人にはお馴染みの、チャップアップ、イクオス、ブブカ、ポリピュア、私が個人的にオススメの、ボストンスカルプエッセンスは1つもこのガイドラインの対象にすらなっていません。

恐らくですが、大手メーカーの有名品のみが対象になっている点と、学会発表が行われている成分を優先的に評価したガイドラインだと思います。日本皮膚科学会も暇ではありませんので、データがないものや新規成分をイチイチ対象にしていないと予測されます。

では、日本皮膚科学会が最高の評価をしているミノキシジルは、どんなメカニズムによって発毛育毛効果があるのでしょうか?

ミノキシジル(リアップ)のメカニズム

ミノキシジル(以後、日本商品のリアップ)は「血行促進による発毛」がメカニズムだと思っている人が多いと思いますし、世間的にもそう認知されている可能性が高いと思いますが、実際にリアップの論文を読んでみると新しい事実がわかりました。

リアップの開発の経緯

まず、おさらいですがリアップはどのようにして開発されたのかを紹介します。

ミノキシジルは経口(口から飲む)の降圧剤(血圧を下げる)として開発されました。しかし、治療中に多くの被験者から毛が増えるという声が上がり、そこに注目したメーカーが塗る育毛剤として使用できるのではないか?と研究開発を重ねた結果、育毛剤としての効果を確認することができ、世界的に販売される一大育毛剤として発売されました。

ミノキシジルのメカニズム、仕組み

人の頭の髪の毛は、約10万本あると言われており、1日に約0.35mm、1ヶ月で約1cm成長すると言われています。(個人差で、本数、伸びる長さが異なります)

髪の毛には一定の仕組みがあり、ぐんぐん成長した後に自然に抜けて、また同じ毛穴から新しい髪の毛が生えてくるという流れになっています。

この流れをヘアサイクルと呼び、「成長期」「退行期」「休止期」の3つに分かれています。

男性型脱毛症(AGA)が起こると、髪の毛にある変化が置きます。硬い髪の毛が柔らかくなる(軟毛化)、成長期の髪の毛が減少し抜け毛が増える現象です。

また、毛包(髪の根本の大切な部分)で成長期の髪の毛が十分に成長しないで、成長期が短くなり反対に退行期、休止期に早く移ってしまうという現象になり、毛包のミニチュア化が起こります。

このような悪い循環が続くと新しい髪の毛が生える数が少なくなり、徐々にボリュームが減っていき、ハゲ薄毛が進行します。この悪いヘアサイクルを改善する働きがあるのが、リアップです。

まず、リアップは髪の毛の成長を助ける大切な「毛包」に直接働きかけて、「休止期の毛包」から「初期成長毛包への移行促進作用を発揮」します。

そして、新しい髪の毛の発毛を促進すると共に、「後期成長期毛包への移行促進作用と維持作用」によって、「ミニチュア化した毛包を大きく深く成長させる」ことにより、細く軟毛化した髪の毛を太く成長させる働きがあります。

このミニチュア化した毛包を大きく深くさせる働きがリアップの最大の特徴です。

では、この毛包のミニチュア化をどうやって大きく深くしているのいでしょうか?

「成長因子」の働きがキーワード

成長因子という言葉を聞いたことはあると思いますが、成長因子とは、「特定の細胞の増殖や分化を促進する内因性のタンパク質の総称」のことです。簡単に言うと、体を大きくするイメージのタンパク質です。学生時代に生物の授業で、細胞が分裂し成長することにより、どんどん体が成長し大人になっていくことを習ったことがあると思います。

その成長を助ける因子=成長因子と大まかに表現しています。実際には、この成長因子には様々な種類があり、それぞれ働きが異なります(一部似たような働きをするものもあります)。

だから、毛を成長させるのにも当然成長因子の関わりがあり、リアップのメカニズムも具体的にどの成長因子の働きによるものなのかが明らかになってきています。

髪の毛の成長サイクルの中で大切だと言われているのが、VEGF、FGF-5S、KGF、IGF-1 です。それぞれの用語の意味は以下の通りです。

VEGF

 血管内皮細胞増殖因子は、脈管形成および血管新生に関与する一群の糖タンパク。英語の vascular endothelial growth factor から VEGFと呼ばれることが多い。その他、血管内皮細胞成長因子、血管内皮増殖因子、血管内皮成長因子などと呼ばれることもある。

FGF-5S

線維芽細胞増殖因子(せんいがさいぼうぞうしょくいんし、英: Fibroblast growth factorsの略)FGFは、血管新生、創傷治癒、胚発生に関係する成長因子の一種です。 

FGF-5と1文字違いのものが、「脱毛因子」と考えられています。これは、ヘアーサイクルのステージの切り替えに重要となる毛乳頭に働き、脱毛の司令を出していると考えられています。反対にFGF-5Sは、「発毛因子」だと考えられているので、FGF-5S >>>FGF-5というバランスになれば、髪の毛が太く量が増えるというバランスになります。

その他にも、FGF-7(角化細胞成長因子、keratinocyte growth factor=KGF)やFGF-10が髪の毛の成長に重要な因子だと考えられています。

IGF-1

インスリン様成長因子(Insulinlikegrowth factor1の略IGF-1)成長因子の活性化ならびに産生亢進による毛組織増殖の働きがあり、髪の毛の成長に深く関わっていると考えられています。

このような成長因子の働きがあり、髪の毛の脱毛 → 成長 → 脱毛 のようにヘアーサイクルが繰り返されていきます。では、脱毛は具体的にどんな状態の時に起きるものなのでしょうか?

脱毛のメカニズム

体内時計で設定された時が満ちれば(老化、加齢)FGF-5(脱毛因子)や未特定の脱毛因子によって成長期は終了し、毛母細胞にアポトーシス(自滅する現象)が誘導され退行期へと移り髪の毛が抜けます。

特に男性型脱毛症(AGA)は、男性ホルモン(5αリダクターゼ)によって、より早く成長期が終了してしない毛包がミニチュア化され、ヘアーサイクルが乱れハゲ、薄毛が進行しています。

この脱毛症状と、リアップのメカニズムを合わせて考えると、なぜ髪の毛が生えてくるのかがわかります。

リアップの発毛のメカニズム

リアップの発毛のメカニズムは主に3つあります。

1. 毛組織血流改善
2. 毛乳頭細胞からのVEGFなどの細胞成長因子の産生促進、IGF1の作用増強
3. 毛母細胞アポトーシス(自滅現象)の抑制

この3つの働きがあり、おそらく複数の働きが組み合わさることにより、成長期期間を長くしてミニチュア化毛包を改善し、発毛させていると考えられます。

また、髪の毛の太さは「成長期に生育する毛包の大きさ」、長さは「主に成長期の期間の長さ」に比例して決まるので、「毛包の大きさ」と「成長期期間の維持」の2つが、大切になります。

このようにメカニズムがある程度ハッキリわかっているリアップですが、実際の育毛・発毛効果はどの程度なのでしょうか?詳細は、次の記事へ 

リアップ(ミノキシジル)の真実2. 臨床試験の結果(52週)