日本で唯一と言っても良い発毛の効果が認められている育毛剤リアップですが、52週にも渡る臨床試験の結果が報告されていますので、わかりやすいように説明をしていきます。

変化は5段階でランク付け

まず、髪の毛の変化に関しては、5段階で評価されています。

著明改善・・・密度の高い毛髪成長(薄くなった領域がほぼ完全に被われている。毛髪の密度は薄毛化していない領域とほぼ等しい)

中等度改善・・・中等度の毛髪成長(薄くなった領域が、新発毛により部分的に被われているが、薄くならなかった領域に比べると密度は低い[容易に識別できる])

軽度改善・・・軽微な毛髪成長(明確な毛髪成長がみられるが、薄くなった領域をかなり被うということはない)

不変・・・可視的毛髪成長なし

悪化・・・毛髪成長の後退

1番効果があった順に、著名改善 > 中等度改善 > 軽度改善 > 不変 > 悪化 の順で、実際の変化は、著名、中等度、軽度の3段階です。

画像上では、1番下が著名改善、下から2番目が中等度改善、下から3番目が軽度改善です。

52週間の医師の判断

医師の評価52週(色付き)

データを順番に見ていくと、まず最初の変化として、「16週後に10.4%の人が中等度改善」(ピンク枠)の変化がありました。その後も、20週後に37.5%の人に軽度改善が認められました。

そして、24週後に、2.1%が著名改善の変化(赤色枠)があり、47.9%に中等度改善の変化がありました。ですので、合算をすると約50%の割合で髪の毛の変化を確認できていることになります。

24週=6ヶ月、16週=4ヶ月になりますので、最低でも4ヶ月~6ヶ月間毎日リアップを塗って行かないと、髪の毛の変化を実感できないことがわかります。

最終的な52週後の結果を見ると、著名改善が2.1%→10%、中等度改善が47.9%→60%、軽度改善が41.7%→21%と変化しているので、徐々に効果を実感できている人が増えている人がいます。最終的に全く変化がなかった人は、たったの6%だけでした。

この結果を見てわかることは、

明らかにフサフサヘアーまで回復は10%。見た目で増えたことがわかるのは、60%。少し髪の毛が増えたと感じるのは21%、変化なしはたったの6%という結果です。

育毛剤でよくある売り方として、ミノキシジルと同等の効果や、研究データと表現しているものがありますが、もし仮に同じ効果があるのであれば、上記と似た結果になるはずですが、実際には同じにはなりません。

なぜ同じにならないかというと、とある1つの研究データのみにフォーカスしているからです。ミノキシジルの作用機序は、まだ未解明な点がありますが、少なくとも3つの明確な働きが解明されています。

1. 毛組織血流改善
2. 毛乳頭細胞からのVEGFなどの細胞成長因子の産生促進、IGF1の作用増強
3. 毛母細胞アポトーシス(自滅現象)の抑制

ミノキシジルはこの3つの効果が複合的に働き発毛効果があります。だから、最低でも2つ以上同じ働きをしない限りは、ミノキシジルのような育毛剤の効果にはなりません

また、発毛の効果を確認する指標として、「髪の毛の本数の増加」と「髪の毛の太さの成長」の2つがありますが、リアップはこの2点も確認しています。

発毛評価1.「1平方センチメートル当たりの総毛髪数」

髪の毛の本来の姿は1つの毛穴から2本3本と何本も生えている状態ですが、これが薄毛になると1本または0本と減少していきます・・・

そうなると顕著に薄毛、ハゲだと認識できるようになります。だから、髪の毛が生えて来た実感として大切なのが、髪の毛の本数です。

総毛髪数の変化は、かなり早い段階で確認することができ、8週後に1.4本→19本で実に20倍近く本数が増えたことになります。

毛髪数

ですので、本数が20倍ちかく増える可能性があるので、8週後=2ヶ月後には、髪の毛が増えていることが実感できるます。

発毛評価2. 髪の毛の太さの変化(40μm以上)

そして、もう1つ。発毛を実感できるのに、「太さ」の変化があります。髪の毛が太くなるだけでボリュームアップを実感できますからね。太さ40μm以上の変化を確認した結果が下記の図です。

太さの変化

これも髪の毛の本数と同じく、8週後にグッと変化があることがわかります。太さ40μm以上が0.8本だったものが、15.3本へと変化しています。

この2つの評価を考慮するとリアップを塗って2ヶ月後には変化を実感できることになります。

リアップの臨床試験結果を見てわかったこと

・髪の毛の「本数」や、「太さ」の変化を感じれるのが8週後(2ヶ月後)、その変化で髪の毛が増えたと目で見てわかるのが16週後(4ヶ月後)。

・最終的に、明らかにフサフサヘアーまで回復は10%。見た目で増えたことがわかるのは60%。少し髪の毛が増えたと感じるのは21%、変化なしはたったの6%。

・この結果を踏まえると最低でも2ヶ月の使用は必須で、そこで変化が見られる人は、その後順調に成長していき、明らかなフサフサ改善10%、または目で見て変化を感じられる60%の中に入れる可能性が高い。

・16週後(4ヶ月後)に変化を感じる人が多いため、副作用が出る頭皮に合わないなどの、悪い影響が出ない限りは、4ヶ月は1日2回の使用が必須。

・4ヶ月使用をしても全く変化が感じられない場合は、使用を止めて他の育毛剤を使用するのが良いと思います。

リアップの真実3. 副作用は約9%の人に現れる