フィナステリドは男性型脱毛症の治療薬なので、服用者が大人の男性に限られるのは当たり前、と思われたかもしれません。しかし、男性型脱毛症を発症するのは、男性だけではないのです。女性が男性型脱毛症にかかるメカニズムは改めて説明しますが、ここでは治療に関してつぎの点だけ覚えてください。

フィナステリド(プロペシア)の注意点

フィナステリドは、女性の脱毛症治療には使われていません。とりわけ妊娠中の女性や妊娠しているかもしれない女性、乳児に母乳を与えている女性にフィナステリドを処方することはタブーとなっています。

成人男性のフィナステリド服用に関しては、1ミリグラム錠をつづけて飲んでいると、前立腺がほんのわずか小さくなることが確認されました。これによって前立腺の機能に問題が起きることはありませんが、前立腺がんの腫瘍マーカー検査をした場合、値が正常値の半分程度になってしまいます。したがって、前立腺がんの腫瘍マーカー検査を受ける際は、フィナステリドを服用中であることをあらかじめ医師に伝える必要があります。

また献血をする場合にも注意が必要です。フィナステリドを服用中の方は、一ヶ月飲むのをやめてから献血してください。これは妊娠の可能性がある女性にフィナステリドを含む血液が輸血されるのを防ぐためです。

もうひとつ、フィナステリドをドーピングの関係にも触れておきましょう。フィナステリドは以前、世界反ドーピング機関が定める「禁止薬物リスト」に登録されていました。2007年7月13日、ソフトバンク球団に所属していたガトームソン選手の尿からフィナステリドが検出され、ドーピング違反で20日間の試合出場停止処分を受けました。海外でも、サッカー選手やウインタースポーツのスケルトン選手がフィナステリド服用でドーピング違反となった例が報告されています。

フィナステリドがドーピングの禁止薬物と知って、不安になった方もいるかもしれません。しかし、フィナステリドが直接肉体機能に作用するわけではないのです。これを飲むとことで、筋肉増強や持久力アップなどにつながることもありません。

フィナステリドを服用すると、筋肉を増強させる薬物などを使用した形跡を消す効果が生じます。つまり、フィナステリドが禁止薬物にリストアップされていたのは、単に筋肉増強剤を使った痕跡を消す働きがあるからなのです。最近になって検査法が改良され、禁止薬物リストから外されましたので、男性型脱毛症のアスリートはホッとしているかもしれません。