成分中にシリコンが使われていないシャンプーを、ノンシリコンシャンプーと呼びます。ノンシリコンシャンプーは、シリコンを含んでいない分、髪に良く、頭皮にやさしいという噂がありますが、どうやら間違った情報であるようです。

今回は、ノンシリコンシャンプーは本当に育毛の面で優れているのかについて考えてみましょう。

シリコン入りとノンシリコンの違い

一般的なシャンプーには、シリコン(ジメチコン、シクロメチコンなど)という成分が使われています。シリコンは、髪にくっ付いて表面をコーティングすることで、以下のような効果を発揮します。

・シャンプーの成分によって、髪の表面のキューティクルが壊れるのを防ぐ。
・髪同士が摩擦して、髪の表面が傷つくのを防ぐ。
・指通りが良くなる。
・髪全体をしっとりとまとめる。(シリコンが髪表面を覆うことで髪自体に重さが出るため)

一方で、シリコンを含まないシャンプーを、シリコン入りのシャンプーと区別して、ノンシリコンシャンプーと呼びます。ノンシリコンシャンプーは、シリコンを含んでいない分、洗い上がりが以下のように変わってきます。

・洗い上がりが軽く、サラサラとした手触りになる。
・髪がふわっと広がりやすくなる。

ノンシリコンシャンプーが良いかどうかは人それぞれ

ノンシリコンシャンプーが登場して人気を博している裏側には、「髪や頭皮を傷める」、「毛穴に詰まって髪質を落とす」といったシリコンに関する悪い噂が存在しています。

これらの噂は果たして本当なのでしょうか?シリコンを含んでいるシャンプーを使い続けることは、髪とってマイナスなのでしょうか?

結論から言いますと、「シリコンが髪や頭皮に悪影響を与えることはない」ようです。また、シリコンを含むシャンプーが髪や頭皮に合っているかどうかは、使う人の髪質や肌質によって変わるようです。

髪の指通りが悪く、まとまりにくい人は、シリコンを含んだシャンプーを使った方が、指通りの良い、まとまりのある仕上がりが期待できるでしょう。また、髪が重くてペチャンコになりやすい人は、ノンシリコンシャンプーを使った方が、軽くてサラサラした仕上がりが期待できるでしょう。

つまり、シャンプーにシリコンが使われているかどうかは、髪質や薄毛とは関係がなく、ノンシリコンシャンプーが育毛において特別優れているわけではない、ということですね。

一方で、「シリコンを含んでいた方が、髪の表面がコーティングされて保湿、補修効果が高まる」という噂もあるようですが、これについては、真偽のほどは定かではありません。

ノンシリコンシャンプーが選ばれる理由はどこに?

では、なぜノンシリコンシャンプーが髪に良いものとしてもてはやされているのでしょうか。あくまで推測ではありますが、以下のような理由が考えられます。

・価格の高い商品が多く、高級感と期待感がある。
・「シリコンが髪や頭皮に有害」という誤った情報が広まった。
・自然派志向、オーガニック志向の消費者にとって、化学物質であるシリコンを含んでいない商品は安心感がある。

このように、シリコンが、シャンプーのマーケティングのための一要素として使われた可能性が色濃く考えられます。

いずれにしても、シャンプーを選ぶ際は、洗い上がりの良さ、仕上がりの心地よさなどで、シリコン入りとノンシリコンを使い分けると良いでしょう。

私個人の意見としては、弱酸性系のアミノ酸シャンプーが育毛には1番良いと思っています。

いかがでしたか。ノンシリコンシャンプーのように、「よくわからないけど髪に良いから」と出回っている商品はたくさん存在しています。ヘアケア用品は、正しい情報と確かな効果にもとづいて選ぶことが大切ですね。