私は業界歴10年以上の、元サプリOEMメーカーの会社員でした。会社員時代は、営業、企画、開発、製造と全ての職種を経験しています。また、3年ですが原料メーカーで、化粧品、サプリ原料向けの営業経験も持っています。そんな、元業界人が実際に「育毛サプリメント」のことをどう思っているかを本音で語りたいと思います。

最初は、サプリメントなんて効果がないと思っていた

大学での就職活動の結果、地元の化粧品・サプリ原料メーカーに就職が決まりました。その当時思っていたのは、「正直、サプリメントは怪しい」でした。

なぜなら、当時はまだサプリメントの存在自体希少なもので、2017年の現在のように新聞の折込チラシや、テレビCMなど非常に少ない状況で、サプリメントの情報が非常に少なかったからです・・・

実際に原料メーカーに就職してからは、最初は原料の研究開発や製造現場の研修を経験しました。その時思ったのは、綺麗な工場は食品とは思えない管理をしっかりしている。ただ、汚い工場も実際にあり、食品の製造なんてやはりあまり綺麗なものではないなという気持ちでした。

ちょうど雪印の牛乳が事件になる前後のことだったので、それ以後食品の工場は品質管理が厳しくなり、製造現場も綺麗になっていくという発展途上の段階でした。

工場の研修が終わり、自社の原料をサプリ向けのOEMメーカーに販売する営業になりました。営業するようになってわかったのは、サプリ向けの原料はけっこう売れるということでした。特に、エビデンス(科学的根拠)を持っているものは、少々値段が高くても引き合いはかなりありました。

この時から、もしかしてサプリって意外と効果があるものなのか?という気持ちの変化がありました。実際に大きく気持ちの変化があったのは、サプリOEMメーカーの商品開発員として転職をしてからです。

転職をしてからわかったのですが、原料メーカー時代は、実際にサプリを購入してくれる購入者さん達との距離が遠すぎて、購入者さんの声を聞くことができていなかったということです。

OEMメーカー転職後は、通販メーカーなどを通じて、商品に関する声をリアルに聞くことができ、ようやく「サプリは効果があるものが一部ある」ということがわかりました。

全部効果があると言い切れないのは、「実際に自分が効果がないサプリも商品化」した経験が少なくないからです・・・これは、サラリーマンだから仕方ありませんが、ずっと心の中で葛藤がありました。

効果がある良いサプリメントを売りたいという気持ちを強くもちながらも、実際には会社の売上に貢献する商品もたくさん販売しないといけない状況で、後者の方がメインの業務だったからです・・・

現在は、同じ食品業界で働いていますが、サプリメント業界からは遠く離れていますので、正直な情報を発信することができます。自分の10年以上の経験が少しでも役に立ってほしいため、このサイトを作りました。そんな経験がある私の育毛サプリメントに関する考え方は、5つのポイントがあります。

1. 信頼できるメーカーの商品を購入する

tie-690084_640

サプリ業界内にて、たくさんの販社(通信販売会社、MLM、宣伝講習販売などのメーカー)を見てきました。中には信じられないぐらいひどい会社もありますが、少ないながらも信頼できるメーカーも存在します。

信頼できるメーカーの見極めとしては、社長の存在がキーポイントになります。サプリを販売している会社は2003年前後に、儲かるからという理由でたくさんのメーカーがサプリの販売を開始しました。

そのほとんどが、利益追求が目的の企業ばかりでした。反面、良いメーカーは「社長自身がサプリメントに対して強い信念」を持っているケースがほとんどです。社長の思い入れが強い企業は、良いサプリメントを生み出します。

また、社員教育も行き届いているので、社長以外の人材も育ち、良いサプリメントを生み続けます。

信頼できるメーカーの見極め方は、「社長が顔出しをしていて、しっかりとした企業理念を持っている」ことです。これは、社長ではなくとも商品開発者の顔出しも同様に信頼できます

次に、この社長の前提条件を含めて、良い育毛サプリメントを見極めるポイントを紹介します。

2. 良い育毛サプリメントの見極め方

numbers-754228_640

良い育毛サプリメントの見極め方は、たったの1つのポイントだけです。それは、原料の配合量を公表していることです。

サプリメントには変な法律があり、原料の配合量を公表しなくても良いことになっています。だから、これを逆手に取り、中身がスカスカなサプリメントを高額で販売するメーカーが後を断ちません・・・

だからこそ余計に、原料の配合量を公表しているサプリメントは、良い商品の指標となります。

また、原料の配合量を公表しているメーカーほど、先に説明した「社長又は開発者の顔出し」をしている傾向が高いです。この1,2を両方満たしている会社の商品は、良い育毛サプリメントの可能性がかなり高くなります。

3. 信頼できる育毛成分は2つ

pile-154710_640

育毛サプリメントに効果があることを信じている理由は、2つあります。

1つは、ダブルインパクトという商品が、「カプサイシン6mg+イソフラボン75mg」の摂取で「IGF-1増加に効果がある」と特許でも認められていること。

もう1つは、プロペシアを飲むことにより「脱毛症状が減る」ということを、厚生労働省も認めているので、それと同じ働きがあるノコギリヤシを含んだサプリでも、脱毛症状を緩和できる可能性が十分あるからです。

その他にも育毛に効果がある成分として、フィバーフューやミレットなど色々と考えられますが、基本的には上記の2つの理由以外は、根拠に乏しく育毛サプリメントとして飲むことをオススメできません。

4. 日常の食事から摂ることができない成分を摂るのが「サプリメント」

salad-374173_640

サプリメントを飲む目的は「栄養補給」ですが、その中でも、日常の食事からは摂ることができない成分を摂ることが大事です。

例えば上記で上げた2つの成分です。

まず、ノコギリヤシは日本人なら普段の食事で食べることは絶対にありません。ちなみにこんな感じの植物です。

noko

次に、カプサイシン6mg+イソフラボン75mgですが、カプサイシン6mgはトウガラシに換算すると非常に多い量になります。

一般的なトウガラシに含まれるカプサイシン量は0.5%のため、1,200mg(1.2g)のトウガラシを食べる必要はありますが、この量を食事として毎日摂取するのは、ほぼ不可能です。

だから、サプリメントとして摂取する意味が出てきます。他にも育毛のために必要な栄養成分はたくさんありますが、意外と食事から摂ることができるものも多いです。サプリメントからしか摂取できない栄養成分を摂ってこそ、初めてサプリメントの意味が出てくると思っています。

5. プラセボ効果を期待できる

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-E146_ishidaiseikou-thumb-1000xauto-15309

プラセボ効果という言葉を聞いたことがあると思いますが、これは偽薬効果とも呼ばれてるものです。これは、病状に効果がある薬ですよと言って飲ませると、実際には中身はただの小麦粉なのに、悩んでいた病状が改善される効果のことを指します。

本来ならば、飲んでいるサプリメントの働きだけで髪が生えて来るのがベストですが、「サプリメントの働き+プラセボ効果」の2つが合わさる方が、より効果が出る可能性が上がります。

だから、育毛サプリメントを飲む時は「髪の毛が生えてくる」と信じこんで飲んだ方が良いです。思い込むだけで、もし髪が生えてきたら、これ以上のコスパはありませんからね。

以上の5つのポイントが、10年間サプリ業界にいてわかった「私の育毛サプリメントに関する考え方」です。実際に、当サイトでは、1~4のポイントを重視して、育毛サプリメントを評価しています。