育毛剤で人気トップクラスのM1の育毛サプリを紹介します。育毛剤は画期的な理論で作られていますが、育毛サプリはどうでしょうか?

検証ポイントは、

1. 会社の信頼度
2. 成分
3. 理論
4. 論文
5. 特許
6. 体験者
7. サポート
8. 価格

の8つです。

1. 会社の信頼度 35maru2

サラヴィオ化粧品が販売会社です。このサラヴィオ化粧品は育毛業界ではとても珍しい自社開発型の企業です。自社で商品開発を行い、育毛剤を販売している会社はほとんどありません。また、企業姿勢も一貫して自社開発を貫いており、とても評価ができる会社です。

その姿勢の成果として、「社長と研究員の方が顔出し」をしています。育毛業界の中でも信頼度はトップクラスです。

2. 成分 sankakuh2

ガニアシをメインにした育毛サプリです。このガニアシというのはカイゲンという会社が特許を取得しており、サプリ業界はOEMで似たような商品が横行する中、なかなか真似をされない原料の1つです。

ガニアシはカイゲンが主体となり、育毛効果の研究発表が行われるなど信頼性も非常に高いです。

ただし、カイゲンの研究通りにサプリを製造すると、1つで約36,000円という高額のサプリになりますので、M1はガニアシ商品でもかなりライトな商品になると思いますので、効果が弱いのではないか?と推測されます。

3. 理論 marumh20

諸説は色々あるようですが、ガニアシ特有のフコイダンによる働きが理論になっているようです。詳細は、現在調査中です。

4. 論文 35maru2

カイゲンが育毛に関する調査結果を報告しています。

5. 特許 sankakuh2

ガニシア自体にはカイゲンの特許がありますが、M1の育毛サプリ内には特許の記述が一切見受けられませんので、カイゲンの特許番号を使えるほどの、配合量がないと思われます。

この特許番号が使用できていれば、十分に評価ができるようになります。

6. 体験者 batsu

育毛剤の販売ページも含め、体験者の髪の毛が増えた画像がありませんので、薬事法を意識した対応をしていると思われます。本来、M1ほどの育毛剤なら他の育毛剤と同様、体験者の画像があって当然です。薬事法を意識した企業姿勢の表れだと思います。

7. サポート marumh20

現在問い合わせ中です。仮評価。

8. 価格 sankakuh2

1ヶ月分で6,300円です。これが5,000円代になるとコスパも悪く無いと思いますが、元々のカイゲンのガニアシ原料の価格が高いので、これ以上は安くならないと思います。

総合評価 63点

育毛剤は自社の研究チームの成果を生かした理論で作られていますが、サプリに関しては完全なるOEM商品のように感じます。

ただし、カイゲンのガニアシという原料は良いものです。その分、価格が高いのがネックとなります。