giraffe-50724_640

ストレートネック。
流行語とまではいいませんが、少なからず薄毛に悩んでいる人達の中では話題になっている言葉です。

いわゆる「猫背」に近い状態を表しているのですが、ストレートネックと言うほうが何となく改善できそうな気がしてくるのですが、こう考えるのは筆者だけでしょうか?

カタカナであろうとなかろうと、病気の内容は変わらないのですけどね。

結論から先に言えば、ストレートネックと薄毛は関係があります。

何故、ストレートネックが薄毛と関係があるのかを紹介する前に、まずはストレートネックとはどんな状態かを説明しましょう。現代の生活に反映している病気であり、症状なので非常に興味深いものがあります。

ストレートネックとはどういう状態?

ストレートネックを直訳すると「まっすぐな首」ですよね。
外側から見ると、わかりづらいですが、首の骨って真っすぐはなくて、実はS字状にくねっているんです。

このS字状にくねっていることが自然の形なんですが、これが無理に真っすぐになって伸びてしまうことをストレートネックといいます。

では、どういう動作をすると、ストレートネックになるのでしょうか?
下を向くことです。

頭を下げると、首の骨がまっすぐに伸びてしまいます。
僅かの間のことであれば、そんなに問題にはならないのですが、長時間、下を向いていることが問題なんですね。

現代社会の生活スタイルがストレートネックの原因

現代社会の代表すべき文明機器といえば、パソコン、スマホ。
これらは現代人にとって必要不可欠なものとなりました。

これらが無ければ、日常を営むことさえ困難になるという人が圧倒的に多くなっています。

とはいえ、パソコンもスマホも下を向いて作業します。つまり、前述したストレートネックの状態。
しかもこれらは長時間、同じ姿勢で作業を続けます。

パソコンなどは仕事であれば、一日中、パソコンの前で作業しています。

ストレートネックが長時間続くと、血行不良になる薄毛

ストレートネックが長時間続いたり、何度も繰り返されると、S字状にくねっている状態の時では圧迫されることのない筋肉や血管がいびつに圧迫を受けてしまいます。

これによって、筋肉が異常に緊張したり、血流の流れが悪くなってきます。

血行不良になると、薄毛につながるということは有名な話です。育毛・発毛の過程はたくさんの栄養を必要としますが、これらの栄養は血流にのって、育毛・発毛の司令塔である毛乳頭細胞などに運ばれていきます。

血行が良好であることは育毛・発毛にとって非常に重要なことです。薄毛が気になる人は、ストレートネックの予防にも心がけていきましょう。

ストレートネックを感じたら、必ず専門医へ

首の骨が正しい位置にあるというのは自分ではなかなかわかりづらいですよね。
自己判断、自己改善はあまりお勧めいたしません。

長年の自分の癖があり、異常な箇所を見つけるのも難しいことがあります。

また、ストレートネックは薄毛だけでなく、骨粗鬆症や脊椎側弯症の可能性もあります。専門医に客観的に診てもらい、専門医の監督下で改善を行ないましょう。