ネットで「育毛サプリも育毛剤も効くわけがない、効くんだったらとっくに論文発表されるから、インチキ商品ばかり」という意見を時々見かけることありませんか?今回は、育毛サプリの本当の効果について紹介をしたいと思います。

コンプレックス商材は需要が高い

まず育毛系に限らずですが、コンプレックス商材は需要が非常に高く商品を発売すれば儲かる!というのは事実だと思います。実際に、ハゲ薄毛の悩みは人に相談できないジャンルであり、基本的に1人で解決すべき問題です。だから、コンプレックス商材というのは、非常に売れますので「儲かるから」という理由で、市場に参入してくる企業は後を立ちません。

だからと言って全ての商材が儲けるためにぼったくり価格を設定しているわけではななく、これだけの情報化社会になると原価の情報も流出するので、2014年現在は適正価格の商材がほとんどだと言えます。

そもそも育毛サプリは、あくまでも栄養補助食品

では、育毛サプリはどうでしょうか?私がサプリ会社で働いていた時に、毎月コンスタントに育毛サプリを販売している通販会社さんがありました。その会社は他にも健康関連の商材を販売しており、あくまでも健康サポートの中の1つとして育毛サプリを販売しており、過激な広告や写真を使用しないでも、コンスタントに販売をしていました。

もし仮にこれが全然効かない育毛サプリであれば、広告が控えめなので、たちまち定期購入の客がいなくなり、毎月売れる数が減っていきますよね?それが一定の個数を販売できているということは、固定客がしっかりとついている証明になります。固定客がついているということは、何らかの効果が髪の毛に対してあり、それがポジティブな変化だということです

よく一ヶ月で変化があったという広告を見ますが、サプリで一ヶ月で変化が出るのはいくらなんでも早すぎると思うのですが、髪のコシが強くなった、抜け毛が減ったという変化は充分にありえると思いますが、サプリはあくまでも栄養補助食品のため、効果はかなり緩やかに現れてくるものです。

ただし、ノコギリヤシエキスについては、飲む育毛剤として有名なプロペシアと作用機序はほぼ同じのため、プロペシアに近い効果を期待することができるため、同じ作用機序であれば、サプリだろうと医薬品だろうと効果はそれほど差がないために、育毛サプリでも髪の毛に変化が出てくる可能性は充分にあります。また、ダブルインパクトのように特許を取得し、ホームページで体験談を掲載しているものは、育毛に成功できる可能性が高いと思います。

もちろん中には冒頭で書いた通りインチキな商品も少なからずありますが、当然そのような育毛サプリは効果がなくインチキだと断言できます。効果が出る可能性が高い育毛サプリについては、今後もサイト内で紹介をしていきたいと思っております。