男性型脱毛症のいちばん新しい治療薬、フィナステリドについて紹介します。

フィナステリドの働き効果効能

この薬の出現で、男性型脱毛症の治療戦略は格段に進歩しました。男性型脱毛症は、男性ホルモンのテストステロンが細胞内でⅡ型の5α-リダクターゼという酵素によってDHT(ジヒドロテストステロン)に変わり、これが毛乳頭細胞内で作用して起こります。

フィナステリドは、Ⅱ型の5α-リダクターゼの作用を妨げる薬です。アメリカで1983年に合成され、前立腺肥大の治療薬として1992年にアメリカのFDA(食品医薬品局)に認可されました(商品名:プロスカー)。前立腺肥大にも、ジヒドロテストステロンが関係しているのです。

ある薬物が治療薬として認定されるためには、患者さんの協力を得て臨床試験が行われます。フィナステリドも前立腺肥大の薬として臨床試験が行われたわけですが、その課程で男性型脱毛症の人に投与すると育毛効果が表われることが分かり、育毛剤としての研究もなされるようになったのです。

フィナステリドの歴史

アメリカのFDAがフィナステリドを男性型脱毛症の治療薬として認可したのは、1997年のことでした。前立腺肥大治療薬としてのフィナステリドは一錠につき5ミリグラムの含有量ですが、男性型脱毛症の治療薬は一錠当たり1ミリグラムの含有量です。

それまでの脱毛症治療薬はほとんどが頭に直接塗る外用薬でしたが、フィナステリドは内服します。これを飲むと、テストステロンが細胞内に入ってきたところでⅡ型の5α-リダクターゼの作用を妨げ、ジヒドロステロンの産出を抑えるので、これによる脱毛をくい止めることができるわけです。

薬理作用としては非常にシンプルですが、初めて世に出た効果的な「飲む発毛剤」として、一躍世界的に注目を集めました。既に世界の60カ国以上で承認されています。

日本でのフィナステリド

日本では21世紀に入ってから臨床試験が行われ、2005年の10月に1ミリグラム錠と0.2ミリグラム錠を厚生労働省が認可しました。24歳から50歳で、軽度あるいは中等度の男性型脱毛症の方々を被験者として、頭頂部写真評価が行われました。「著明改善」「中等度改善」「軽度改善」「不変」「軽度進行」「中等度進行」「著名進行」の7段階で評価したのです。

フィナステリド0.2ミリグラムの錠剤を1日1錠、1年間続けて飲んだグループは54パーセント、1ミリグラム錠剤での同じ試験では58パーセントの方に「改善」が認められました。服用後1年を経ても改善効果は見られず、「不変」だった人の割合は40パーセント、抜け毛が「進行」した人は2パーセントでした。

一方、プラセボを1年間飲み続けたグループでは、72パーセントが「不変」、22パーセントが「進行」、そして6パーセントの方が「改善」という評価がなされました。

欧米でも日本でも、フィナステリドの臨床試験には1ミリグラム錠と0.2ミリグラム錠が使用されましたが、欧米の被験者にとって0.2ミリグラム錠の効果はやや低かったのに対し、日本では0.2ミリグラム錠を投与されたグループの効果が、1ミリグラム錠投与グループとほとんど変わらなかったのです。欧米人に比べて体格が小さいこと、あるいは人種的な違いによるものかもしれません。