ヒゲが濃い人を見ると、髪の毛も濃いままをキープできるように思えますが、それは事実なのかが気になったことはありませんか?

実際はと言うと、ヒゲと髪の毛に相関性はないようです。

例外もあるかもしれませんが、基本的には髭が濃い人は薄毛が進行しやすいと言われています。

髭と前頭部の毛髪の関係

男性ホルモンが特に前頭部の脱毛を進行させるということが分かったのは、そんなに昔のことではありません。

思春期になると、男性ホルモンは髭、腋毛、陰毛等の成長を促します

このように毛の発育を促進する男性ホルモンが何故、特に前頭部の毛に対して薄毛を進行させるのかということも当然、分かっていませんでした

それが遺伝子レベルでの学問である分子生物学が急速に発展したおかげで、わからなかったことが次々と、解明されていきました。

髭と男性ホルモンとの関係

思春期になると、男性ホルモンが働く部位でのヘアサイクルに変化をもたらし始めます。

それは、男性だけでなく、女性も男性ホルモンを持っているので、女性にも思春期以降、ヘアサイクルに変化が出始めます。

男性が子供の頃はまだ、男性ホルモンの活性も低く、髭や胸毛はまだ軟毛であるため、目立ちません。

それが、思春期以降になると、男性ホルモンの活性化が進み、軟毛が硬毛に変わり始めます

一方、女性は顔や胸に生える毛は非常に少なく、思春期を過ぎても軟毛のままです。
ただ、腋毛や陰毛は男女問わず、男性ホルモンの働きで硬毛に変化します。

毛髪と男性ホルモンの関係

髭と男性ホルモンの関係はわかりました。
次は毛髪と男性ホルモンの関係を述べます。

この仕組みは、「髭と毛髪の関係」を知るのに大切なことなので、できるだけわかりやすく説明します。

実はヘアサイクルに影響を及ぼすものは、男性ホルモンだけではありません

これについてはここでは触れませんが、男性ホルモン以外にヘアサイクルに影響を及ぼす物質(甲状腺ホルモンやビタミンDなど)と男性ホルモンの作用部位が異なっています。

男性ホルモン以外は主に毛包の上皮細胞に、男性ホルモンは間葉系細胞のみに作用します。

ここからやっと、御存じの方が多いDHTとか、テストステロンとかいうAGAに悩む人なら誰でも知っている語句が出てきます。

男性ホルモンのテストステロンが5α-リダクターゼという酵素によって、AGA発症因子DHTに変化するという作用機序は、この間葉系細胞で行なわれています。

DHTはこの細胞内にある男性ホルモン受容体にくっついて、AGAを発症させ、進行させていきます

男性ホルモン受容体のある部位は限られている

先に男性ホルモン以外でヘアサイクルに影響を与える物質は上皮細胞にあると説明しました。

この上皮細胞には男性ホルモン受容体はなく、間葉系細胞(毛乳頭細胞)に男性ホルモン受容体があります。

つまり、全ての毛乳頭細胞にDHTがくっつく男性ホルモン受容体がある訳ではありません。

男性ホルモン受容体が存在する部位)

頭頂部、前頭部、髭、腋毛等にその受容体が存在しています。
では、逆に受容体が存在しない部位はというと、後頭部です。

ここまで読まれたAGAの方が何かに気付かれたと思います。
それは「そういえば、前はかなり薄いのに後頭部の毛髪はフサフサしている」と「気づかれたということではないですか?

男性ホルモンが髭と前頭部に起こす作用が違う

これらのことは、「専門医が語る毛髪科学最前線」(板見 智著)に書いてありますので、参照にしてわかりやすく解説します。

筆者は皮膚科専門医の方です。
先生は髭や前頭部の毛乳頭細胞と角化細胞(人間の表皮を角化させる細胞)を試験管内に入れ、テストステロンを添加し、反応を調べるという実験を実施されました。

実験結果

髭の毛乳頭細胞と角化細胞を培養し、テストステロンを添加したところ、角化細胞が増殖、つまり髭が濃くなりました。

今度は前頭部の毛乳頭細胞に入れ替え、同様の実験を行うと、角化細胞の増殖は抑えられたという結果になりました。

前頭部と髭の毛乳頭細胞から出る成長因子が違う
ということを上記の実験が証明しました。

思春期になると、男性ホルモンが増加します。
それを受けて、髭の毛乳頭細胞から成長因子のIGF-1が生成されます。
角化細胞はIGF-1の刺激を受け、増殖を始め、髭を生やしていきます。

一方、AGAの第一の発症部位である前頭部はどうなるのでしょうか?

実は髭の時とは違う別の成長因子が、前頭部の毛乳頭細胞から出てきます。
それはTGF-β1という成長因子です。

TGF-β1はIGF-1とは逆に角化細胞の増殖を抑えます。
その他、細胞の死滅と言われるアポトーシスをおこします。
これらの作用で、前頭部の薄毛は進行していきます。

髭が濃くなると、前頭部の薄毛進行は生理現象の一つ

その毛髪の状況の個人差は当然、ありますが、冒頭のテーマのように「髭の濃い人は髪の毛も濃いまま」ではなくて、通常は「髭の濃い人の毛髪は薄い」となります。

参考文献:「専門医が語る毛髪科学最前線」(板見 智著)