従来の外用育毛剤に加え、飲んで治す薬フィナステリドが発売されたことで、脱毛治療の可能性は格段に広がりました。しかし、これらの薬剤による治療では、自分が思ったような効果が得られない患者さんもいます。フィナステリドも、すべての男性型脱毛症に効くわけではないのです。

「薬による治療では満足できなかった」

「薬で徐々に育毛するのではなく、一気に毛を増やしたい」

「薬の効果が表われるまで、ほかの方法で薄毛をカバーしたい」

という方のために、ほかの薄毛解消法を紹介しましょう。

まず、10年ほど前から日本でも盛んに行われるようになってきた植毛手術です。薄毛治療法として植毛手術が始まったのは、1960年代のことでした。アメリカ人医師N・オーレントライヒが1959年に発表した植毛術・パンチグラフト法が、60年代以降、世界中に普及していったのです。

このため、植毛術の生みの親はアメリカ人と思われていましたが、70年代になってから、パンチグラフト法を最初に考案したのは日本人の奥田庄二医師であるこことが世界に知られました。奥田医師は動物実験を経てパンチグラフト法を確立し、火傷で頭髪を失った患者さんにこの手術を施して論文を発表していたのです。それが1939年のこと。オーレントライヒ医師の発表より20年も前でしたが、論文が掲載されたのは日本の医学雑誌だったため、長いあいだ埋もれていたのでした。

では、このパンチグラフト法とはどんな方法なのかというと、後頭部や側頭部など脱毛していない部分の皮膚を円柱状に切除して、脱毛箇所に移植する手術法なのです。現在、もっとも進化した植毛法として一般に行われている毛包単位移植法も、奥田医師が編み出したパンチグラフト法に改良を重ねたものです。

年配の方は、植毛というと「人工の毛髪を頭に埋める」というイメージをおもちかもしれません。しかし、人工植毛が盛んに行われていたのは1980年代までのことで、アメリカではすでに人工毛植毛手術は「禁止」されています。術後、頭皮に炎症が起きたり、異物性肉芽腫とよばれる硬い瘢痕ができるなどの問題があるからです。日本で
はまだ人工毛植毛手術が行われていますが、いま説明したようなリスクがあることを頭に入れておいたほうがよいでしょう。

1990年代からは、人工毛植毛に代わって自毛植毛手術の技術が進み、これを受ける患者さんが増えてきました。