髪の毛の数は、人それぞれ生まれたときから決まっています。ただしその髪の毛は、成長期、退行期、休止期を繰り返しているのです。では、ヘアサイクルについて、詳しく紹介をしていきます。

ヘアサイクルの仕組み

成長期とは、毛細血管から取り入れた栄養をもとに、毛球部で毛が製造されている状態です。毛母細胞が盛んに分裂をくり返し、作られた毛を上部へ押し上げている期間です。成長期はおよそ2年から6年で、通常は髪の毛全体の90パーセントぐらいが成長期の段階にあります。

毛母細胞の分裂が急激に衰えてくるのが退行期で、期間はおよそ14日前後。この時期には、髪の毛の色を決定する色素細胞も活動を緩めます。

退行期のつぎにやってくるのが休止期です。休止期には細胞分裂が止まり、毛の製造、伸長も完全にストップします。休止期は3ヶ月ぐらいつづき、そのあとにまた成長期がやってきますが、このときに古い毛が抜けていきます。

このように、成長期、退行期、休止期とつづく一連の流れがヘアサイクルです。ヒトは一生のうちに15回ぐらいヘアサイクルをくり返しますが、ひとつひとつの毛包が別々の周期を含んでいるため、イヌやネコのようにいっせいに毛替わりして大量に抜け毛が生じることはありません。

抜け毛の本数

たとえば髪の毛が10万本ある人の場合、約10パーセントに当たる1万本が退行期と休止期にあたります。休止期から成長期に移行する3ヶ月におよそ1万本が抜け落ちる計算になりますが、そう心配することではありません。

1日という単位で考えると、80本から100本の抜け毛があっても、異常なことではないのです。抜けた髪の毛は、ごく普通に寿命をまっとうしただけで、抜けた髪の毛と同じ数だけまた髪の毛は生えてきます。

年齢を重ねるとともに、退行期や休止期に当たる毛の数が増えてきますが、これは誰しも避けられない老化現象です。しかし、まだ若いうちに成長期の期間が短くなると、しだいに髪の毛がまばらになってしまいます。

成長期が短縮し、休止期にある毛の割合が増加して毛が本来の硬毛から軟毛化したり、あるいは毛が皮膚の表面にまで伸びてこなくなる現象、実はこれが近年よくメディアでもとりあげられている男性型脱毛症の症状です。

このようにヘアサイクルの流れが通常通りであれば髪の毛が抜けてもドンドン新しい髪の毛が生えてきます。しかし、このヘアイサクルの流れが悪くなってしまうと、抜け毛が多く薄毛が進行してしまうという訳です。