育毛サプリを購入しようと思って、いざ商品同士を比較しようと思ったら、配合量が書いてなくて比較ができず不親切だと思ったことはありませんか?私がサプリ業界に入って思ったのは、いくらでも詐欺まがいが可能だということです。

法律上配合量の記載は必要ない

サプリメントの表示で必要なことは、下記の通りです。今回は、手元にあるBUBKA(ブブカ)の育毛サプリを例に紹介します。

2014-11-10 13.17.11

1.名称

亜鉛含有酵母、ミレットエキス及びノコギリヤシ種子エキス含有食品

ここには何の原料が入っているサプリメントかを記載する必要があります。通常は配合量が1番多いものを記載することが多いですが、2番目に配合量が多いものでも良いですし2つの名称を書いても良いです。BUBKAのように3つ書かれてるものは初めてみましたけども。

2.原材料名

マルトース、亜鉛含有酵母、ミレットエキス、大豆イソフラボン抽出物、ノコギリヤシ種子エキス、以下省略

この項目は、必ず配合原料が多い順番で記載する必要があります。ここで注目をしたいのが、マルトースが一番多い点です。マルトースとは、賦形剤(ふけいざい)と呼ばれる粒を固めるために配合される原料です。だから、健康のための効果は全くないと言っても過言ではありません。

最近はネットでもサプリはこの原材料表示を見れば、わかる!という書き込みが多いですが、その通りでマルトースが2番目に来ているのは良い印象は与えません。私ならテクニックを駆使して、亜鉛含有酵母、ミレットエキス、大豆イソフランボン抽出物、ノコギリヤシエキス、マルトースとなるように商品設計をします。

おそらくですが商品設計を行うOEM会社の担当者が通販のことを熟知していないので、このようなことが起きたと思われます。通販の商品はネットで比較をされやすいので、私なら比較をされても欠点が出ない商品設計を行います。

テクニックの詳細は省きますが、賦形剤をマルトースだけにするのではなく、複数の賦形剤を使って固めるようにします。この組み合わせはOEM工場独自のノウハウなので、ここで具体的に書いてしまうと私の所属がバレてしまうのでご勘弁下さい。

冒頭で詐欺まがいが可能と言ったのも、このような見えないテクニックでよりよく商品を見せることができるからです。ちなみにBUBKAは配合量を正直に記載していますし、原材料表示でもテクニックでごまかしていないので、優良なサプリの1つだと言えますが、商品設計の配合には不満があります・・・

3.栄養成分表示

この項目は、このサプリを飲んだ時の、エネルギー、たんぱく質、脂質、炭水化物、ナトリウム、亜鉛量を記載します。亜鉛はBUBKAが自己申告で記載をしています。この自己申告ですが、商品アピールの場として有効活用する会社が多いです。

ただし、定期的に自己申告をしている栄養成分の量が正しく配合されているかを調べる必要がありますが、分析費用は決して安くなくコスト高になるため、あえて表示でアピールしない企業の方が多いと思います。

4.配合量を記載する

2014-11-10 13.17.22

BUBKAのように配合量を記載しているサプリは親切だと思いますが、その分デメリットが出てきます。

デメリット1.

配合の中身を丸パクリされる危険があり、ライバル企業に少しだけ配合量を増量し、価格を安くした育毛サプリを販売され顧客をまるっと奪われる可能性があります。これは、育毛剤でも同じで、BUBKAはチャップアップに顧客を奪われ商品をリニューアルセざるを得なかったと思われます。

ちなみにサプリは配合特許を取得しない限り配合をまるっとパクられても文句が言えないブラックな面があります。丸パクリするかは企業の倫理観に委ねられているのが現状です。

デメリット2.

配合量の記載をするとネットで比較をされ、最悪商品の欠点として叩かれる可能性があります。実際に私もBUBKAの育毛サプリは購入すべきではないと思っていますが、ここでは優良な親切なサプリとして紹介するのみにとどめておきます。

このような2つのデメリットがあるので、配合を記載していない商品の方が圧倒的に多いのが現在のサプリ市場です。

配合量の記載がないものを見分ける方法は困難

私はサプリの原価計算を100種以上してきたので、配合量の記載がないサプリでもいくらでも原価計算から、配合量を推測することができますが、サイトで正直に書いてしまうと少なからずとも、前職の会社の顧客に迷惑をかけることになるので、あまりドンズバの意見を言えませんし、守秘義務の契約もあるので法律上の観点から見てもNGです。

ただし、一般的に公にされている情報からは誰でも推測可能な範囲の話であればサイト上で公開をしたいと思っています。

よく、問い合わせをして企業秘密だと言われ不親切だと叩く人がいますが、実際は企業にとって死活問題なので情報を出せないものは出せませんのでご勘弁してほしいと思います。

確かに中には詐欺まがいの育毛サプリはあると思いますが、そういったものにもひっかからないためにも、当サイト「毛迷わない」では育毛サプリについての正しい情報を心がけていきたいと思います。