育毛剤を初めて購入するといつ塗れば良いのかがわかりませんよね。ほとんどの育毛剤は、ドライヤーをかけた後に推奨されています。今回は、育毛剤を塗るタイミングはいつがベストなのかを紹介します。

ドライヤー前の濡れた状態でのデメリット

髪が濡れた状態で育毛剤を塗る時の1番のデメリットは、育毛剤の成分が薄まってしまうことです。育毛剤には色々な育毛に良い成分が、全体量に対して数%の割合で入っていますが、濡れた状態で育毛剤を塗ると確実に水分の影響で育毛成分が薄まってしまいます。だから、ドライヤー後の乾いた状態で育毛剤を塗ることが推奨されています。

でも、私はドライヤー前の濡れた状態で塗っている

それでも私は、育毛剤をドイラヤー前の髪が濡れた状態で使用しています。それは、なぜかというと2つの理由があります。

1つ目の理由は通っている美容室で育毛剤を塗ってもらう時に髪が濡れた状態で使用しているからです。なぜそのタイミングかは理由は不明です。

もう1つは、髪様シャンプー板羽氏が育毛剤を塗るのはドライヤー前の髪が濡れた状態でのタイミングを推奨しているからです。なぜそのタイミングがかというと、板羽氏は髪をスポンジに例え「乾いたスポンジは水をなかなか吸収しないが、少し濡れているスポンジは水をドンドン吸収できる」と仰っています。

これを聞いた私は納得をして、ドライヤー前に育毛剤を塗るようにしています。具体的には、髪を洗った後にバスタオルで余計な水分を拭き取ってそれから、育毛剤を塗っています。

特に私が気になっているのは、前髪の生え際M字部分なので、育毛剤が水分で薄まる心配はありませんし、髪を洗った直後なので、頭皮が一番フレッシュのためなんとなく吸収が良い感じがしています。ドライヤーをかけてしまうと、ドライヤーを当て過ぎた時により乾燥し過ぎて、育毛剤の吸収が悪くなる気もするので、ドライヤー前がベストだと思っています。

今は、朝はシャワーを浴びないこともあるので、その時は乾いた頭皮に育毛剤を塗っています。

いかがでしたか?基本的には、頭を洗った後であればどのタイミングでも育毛剤を塗っても効果があると思いますので、自分なりに毎日確実に育毛剤を濡れるタイミングを見つけて、ぜひ習慣化して下さいね。