育毛対策をしようと思い、インターネットで調べてみると、情報がたくさんあり過ぎて結局何が自分にあった育毛対策かわからなかったという経験はありませんか?

AGA治療薬?サプリ?育毛剤?それともカツラ?何がいいのだろうか・・・

ベストな本気の育毛対策は「リアップ」と「プロペシア」で間違いないと結論が出ています。

それなのに、なぜかリアップとプロペシアに一切触れていないサイトが多く、それらのサイトは信頼出来ない可能性が高いと思います。
また、リアップとプロペシアの副作用を大袈裟に表現しているサイトもあります・・・

副作用があることは事実です。
リアップで9%、プロペシアで4%ですので、決して高い数字だとは思いません。

1番信頼ができる育毛方法

まず、日本で1番公正に評価をしているのが、日本皮膚科学会が2010年に発表している以下のガイドラインです。

治療方法性別推奨度推奨度の分類
ミノキシジル外用薬男性
女性
A行うよう強く勧められる
塩化カルプロニウム男性
女性
C1行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない
t-フラバノン外用男性
女性
C1行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない
アデノシン外用男性
女性
C1行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない
サイトプリン・ペンタデカン外用男性
女性
C1行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない
セファラチン外用男性
女性
C2根拠がないので勧められない
ケトコナゾール外用男性
女性
C1行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない
フィナステリド内服男性
女性
A
D
行うよう強く勧められる
行わないよう勧められる
植毛自毛
人工毛
B
D
行うよう勧められる
行わないよう勧めれる

この発表を見てわかる通りベストな選択肢は、「育毛剤のリアップ」、「医薬品のプロペシア」、そして次点で意外な高評価の「自毛植毛」です。(人工はよくありません)

育毛剤のことが少しでも気になったことがある人は、「チャップアップ」という育毛剤をご存知だと思いますが、評価対象商品にすら入っていません。

当然、他の人気育毛剤と言われている、ブブカやイクオス、M-1、ポリピュアなども入っていません。

なぜ、入っていないのかというと、エビデンス(科学的根拠)が不足しているので、日本皮膚科学会から見れば評価対象にすら選定しないからと推測されます。

育毛剤で有名な大手商品のアデノシンやフラバノンは、C1という低い評価がですが、これでもエビデンスは揃っている方です

それぞれのメリット、デメリット

方法 メリット デメリット
リアップ

  • 1日2回塗るだけ
  • 薬局で購入できる
・毎日毎日塗り続けないといけない
・すぐに効果が出ない
・効果が出ない可能性もある
・副作用の可能性あり
プロペシア ・毎日飲むだけ
  • 病院で購入する必要がある
  • ずっと飲み続ける必要がある
  • 副作用の可能性がある
  • すぐには効果が出ない
  • 効果が出ない可能性がある
サプリ ・毎日飲むだけ
・通販で購入できる
・すぐに効果が出ない
・効果が出ない可能性が高い
カツラ ・確実にボリュームが増える ・不自然で人にバレる
・着脱が面倒
・耐久性が短い
・コストが高い
自毛植毛 ・確実にボリュームが増える
・自然な増え方
・長い期間対応
・手術が必要
・コストが高い

一覧表で比較をすると、それぞれにメリットとデメリットがあることがよくわかります。

だから、パーフェクトな方法はありません

A評価で完璧だと思える、リアップとプロペシアにも副作用という欠点があります。

リアップとプロペシアの副作用率

リアップに関しては、頭皮にかゆみやかぶれが出る可能性が9%あります
ですので、肌が弱い人や、アトピー持ちの人など敏感肌の人には、オススメできません

プロペシアも同様に副作用の可能性が4%あります
副作用の種類としては、性欲の減退や勃起不全などです。

その中でも特に私が懸念しているのは、プロペシアで「精子の質に悪影響を与える可能性がある」という事実です。

これはインターネットではほとんど語られていませんが、とある現役の内分泌科の先生から聞いた話です。

その先生はまだ子供をもう1人作りたいので、「精子の質に悪影響を与える可能性がある」「プロペシアはどれだけ髪の毛が生えようとも、子供>>>育毛の優先順位は変えられないので、飲まない。」

ちなみにその先生は肌も弱いために、美容室で専売になっている育毛剤のみを使用して育毛対策を行っているとおしゃっていました。

ですので、プロペシアはもう子供を作る気がない方には、オススメできます。

まだ若く、私のように子供を作る予定がある人には、オススメできません

※あくまでも可能性の話なので、プロペシア=精子の質が悪くなる、のは絶対ではありません。

だから、私はプロペシアではなく、似たような効果が期待できる可能性があるノコギリヤシのサプリを飲んでいます。
塗るリアップに関しても、肌が弱くリアップではダメだったので、現在は育毛エッセンスを使用しています。

効果が出るまでの目安、即効性

方法
期間
リアップ
約6ヶ月
プロペシア
約6ヶ月
サプリ
約6ヶ月
カツラ
1ヶ月
自毛植毛
1日

リアップやプロペシアは医薬品なので、すぐに効果が出ると思われがちですが、最低でも4ヶ月で目安としては約6ヶ月の間継続して使用しないと育毛の効果を実感できないと研究データが出ています。

いくらリアップやプロペシアがすごくても即効性はありません、これが事実です。

本当に今すぐに髪の毛を増やしたいという緊急性が高い人は、カツラか自毛植毛しか選択肢はありません

ただし、即効性があり確実性も高い分、コストが高くなるという、デメリットがあります。

それぞれのコストは下記の通りです。

1ヶ月、1年、10年のコスト

方法 1ヶ月 1年 10年
リアップ 7,000円 84,000円 840,000円
プロペシア 6,000円 72,000円 720,000円
サプリ 5,000円 60,000円 600,000円
カツラ 43,333円 520,000円 5,200,000円
自毛植毛 6,667円 80,000円 800,000円

※各数字はあくまでも目安ですので、選ぶ商品や会社により、数字は変動します。
カツラは大手メーカーを想定。
自毛植毛は、1回の手術費用を分割した数字。

コストは、短期間ではなく長期間で比較するのがフェアだと思います。

最もコストが安いサプリでも、毎日毎日飲み続ける必要があります。
これを途中で止めてしまうと、効果が減ってしまいます。

同様に、育毛剤のリアップ、医薬品の経口薬プロペシアも、毎日使用しないと効果が得られません。

育毛対策に取り組んでいる人の多くは、5年後、10年後の将来の心配をしている人が多いと思います。
リアップやプロペシアを10年間毎日使用すると、想像以上にコストが膨らみます

この事実は、使用を始める前に理解しておく必要があります。

10年間で比較をすると、リアップやプロペシアを使用するのと、「自毛植毛」のコストでは、大きな差がないことがわかります。

ただし、自毛植毛は初回の1回で800,000円以上(目安価格)になりますので、短期で高額費用が必要になります。

では、どの方法を選ぶのがベストなのか?

それぞれのメリット、デメリット、コストと即効性はわかったけども、じゃあどれを選ぶのがベストなのか?

ベストな方法を選ぶのに必要なのは、「優先順位」と「育毛対策の目的」です。

まず、あなたは何を優先しますか?

あなたにあった育毛対策を優先度順に考えます。

「髪の毛」と「子供と健康」どちらが大切ですか?

髪の毛が第一優先

育毛>>>子供 → プロペシア

育毛>>>副作用 → リアップ、プロペシア

健康や子供が第一優先

子供>>>育毛 → リアップ or その他育毛剤、育毛サプリ

健康>>>育毛 → リアップ以外の育毛剤、育毛サプリ

となります。

今後子供を作るか?作らないか?ここが大きな別れ目です。

育毛対策の目的と緊急性

あなたの育毛対策の目的はどれですか?

「若い時のようにフサフサな髪の毛が欲しい」

明日にでもフサフサになりたい・・・自毛植毛 or カツラ

半年後でも大丈夫・・・リアップ、プロペシア

「今後の薄毛ケアで将来的な対策のため」であれば、リアップ以外の育毛とサプリ、になります。

1. 半年かかってもいいので育毛が優先

もう子供を作る予定がない人は、プロペシアがオススメです。

肌が強くまだ子供も作りたい人は、リアップがオススメです。

もちろん、ベストな選択肢は「リアップ」と「プロペシア」両方の使用です。

プロペシアは病院で処方箋をもらう必要があります。
病院選びですが、せっかく病院に行くのであれば、専門院のAGAクリニックがオススメです。

個人的に信頼性が高いと思っているのは、ヘアメディカルです。

3万症例以上を手掛ける専門医師 薄毛治療のヘアメディカル

AGA治療の実例画像(東京 表参道クリニック ヘアジニアス

ヘアジニアス症例

この症例は、AGA治療薬か植毛どちらがベストか迷うぐらい深い薄毛の進行です。

三ヶ月後には、全般的に黒みが強くなり、薄毛の雰囲気がほとんどなくなっています。

2. 子供、健康が優先だけども育毛ケアもしたい

育毛の目的が「今後の薄毛ケア、将来的な対策」で緊急度が低い人は、リアップ以外の育毛剤とサプリがベストです。

将来的なケアのためであれば、副作用の可能性がある医薬品をわざわざ使用するのは、リスクが大きいと思います。

私自身は、まだ子供を作りたいと思っているので、ノコギリヤシのサプリと育毛エッセンスを使用しています。

実際に薄毛が進行してきた初期であれば、それからでもリアップやプロペシアの対処は間に合う可能性が高いです。

・オススメサプリランキング

・オススメ育毛剤ランキング

3. 地肌が丸見えになっており、あきらかな薄毛・・・

自他共認めるぐらいの薄毛が進行しており、明日にでも髪の毛が欲しい人は「自毛植毛」一択です。

カツラの方がすぐに対処はできますが、デメリットが多すぎて(特に維持する手間とコスト)とてもじゃないですが、オススメできません。

上記で上げたコスト表は、大手メーカーの高級カツラの数字ですが、普通のもを選んだ場合でも10年間で300万円ほどかかるそうです(ネット情報なので、信頼性は断言できませんが)

自毛植毛は、手術ですし、最初に大きな金額が必要になります。
だから、そんな簡単に自毛植毛をやりたい!と決断できない人が多いと思います。

そんな方は、まず「カウンセリング」を受けてみたらいかがでしょうか?
最近は無料で対応してくれるクリニックが増えているので、話だけでも聞きにいくと良いと思います。

1人で悩んでいても、なかなか結論は出ませんからね。
ただし、相手もお客さんを獲得するのに真剣なので、押しに弱い人はあらかじめ心の準備をしていって下さい。

カウンセリングに行く前に、不安なこと、疑問点を必ずまとめておき、カウンセリング時に全部の話を聞くようにするといいです。

自毛植毛のことは、私も勉強中ですが、国内シェア約60%の自毛植毛クリニックなら安心できると思います。

植毛症例(アイランドタワークリニック

植毛実例

M字部分がかなり深く薄毛が進行していましたが、植毛をしてから7ヶ月後でも、びっしりと生え際がそろっています。