いきなりですが、サザエさんのお父さんの頭や、鉄腕アトムの育ての親である御茶ノ水博士の頭を思い出してみてください。
どこかに共通する部分があることに気づかれましたか?

ハゲ方が同じ?そうです。
頭頂部はハゲているのに後頭部や側頭部の毛は結構、密集していますね。

何故、後頭部や側頭部の髪の毛は抜けないのでしょうか?

答えを先に言うと、前頭部や頭頂部の毛乳頭細胞には男性ホルモンの受容体があるのに、後頭部や側頭部の毛乳頭細胞には男性ホルモンの受容体が無いからです。

男性ホルモン受容体が存在する部位

AGAの進行には男性ホルモンが関係しています。

男性ホルモンのテストステロンが5-αリダクターゼの働きでDHT(ジヒドロテストステロン)に変化します。
このDHTがAGAを進行させる犯人です。

テストステロンがDHTに変わることで、男性ホルモン受容体に結合する力が約10倍も強くなります。

DHTは筋肉を作ったり、精嚢などの発育を促したり、男性としての機能を作り、維持していくのになくてはならない物質です。
その一方でAGAを発症させ、進行させる厄介な物質でもあります。

実は、DHTが結合する男性ホルモンの受容体は、どこにでもあるわけではありません

となると、その受容体が存在しているとすぐにわかる場所はAGAの発症部位である頭頂部や、前頭部ですよね。

その他にも、髭や腋毛、陰毛が生える部位などにもあります。
因みに女性にも腋毛や陰毛が生えます。

女性も男性ほどではありませんが、男性ホルモンの受容体を持っていることの証になります。

ただ、女性の頭頂部などが男性のようにツルツルにハゲないのは、男性ホルモンの量が少ないからですが、少量でも頭頂部の薄毛の進行を促すため、AGAに悩む女性も少なくありません。

頭頂部や前頭部の抜け毛の範囲が広くなって、AGAがかなり進行しているにも拘らず、後頭部や側頭部の毛が抜けないのは、AGAの増悪因子であるDHTがくっつく男性ホルモンの受容体が存在しないことを示しています。

もう少し、話を掘り下げてみましょう。
日本皮膚科学会AGAガイドラインの推奨度Aランクで「AGA治療に効果あり」になっているフィナステリドとの興味深い話があります。

頭頂部などにある5α-リダクターゼはⅡのタイプ

テストステロンをDHTに変える5-αリダクターゼはⅠとⅡがあります。
フィナステリドはⅡの酵素の働きを抑える薬です。

何故、Ⅱの酵素の働きを抑えるフィナステリドがAGAの治療薬となったのでしょうか?

ⅠとⅡの酵素がどこに存在するかで、この問題の答えはわかります。

Ⅰは人間の体の中のあらゆる部位や細胞に存在しています。
例えば、女性でも、男性同様に思春期ころになると、腋毛が発生し、濃くなっていきますが、この部位の毛乳頭細胞に存在しているのはⅠの酵素のみです。

Ⅱは精嚢や前立腺、外陰部(女性)にあり、非常に限られた部位にしか存在しないと考えられていました。

ところが、さらに研究が進み、Ⅱは髭や前頭部の毛乳頭細胞にも存在することが判明しました。
これで、フィナステリドがAGA治療に効果ありとされたわけがおわかりになられたと思います。

ちょっと話が横にそれましたが、AGAが進行しても後頭部の髪の脱毛が起きないのはそこには男性ホルモンの受容体が無いからです。