赤ちゃんの髪の毛が薄いと気にしているママは結構、多いようです。

髪の毛が多くても少なくても健康に産まれたんだから、それでいいじゃないと人は思うのですけどね。

だけど、パパが薄毛に悩んでいたりすると、「パパの様になったらイヤだもん」と、ママは赤ちゃんの髪の将来をとても気にします。

とはいえ、薄毛パパも子供の頃は髪の毛がフサフサというか、人並みにあったはず。
安心してください。
赤ちゃんの薄毛とパパの薄毛は状況が少し違いますから。

それでも、髪の毛フサフサの赤ちゃんが羨ましい! 何が違うのでしょうか?

新生児脱毛の起こり方に個人差がある

生まれた時からすでに髪の毛がフサフサな赤ちゃんがいれば、髪の毛が薄い赤ちゃんがいるんですよね。
赤ちゃんの頭は生え変わるまでは、産毛の状態です。

その産毛はフサフサだろうが、薄かろうが、生後3~6か月頃から抜けはじめ、本当の髪の毛に生え変わっていきます

この生え変わり方で髪フサフサ、あるいは髪が薄い場合と、かなり個人差がみられます。

この個人差は産毛がヘアサイクルの休止期(脱毛)への入り方が原因のようです。

例えば、産毛が抜けていく一方で、生え変わる赤ちゃんはフサフサの髪になるでしょうし、抜け切る頃に新しい髪の毛が生えてくる赤ちゃんは薄い髪の毛になると考えられます。

後頭部がハゲている?

「どうしよう、うちの子、後ろ頭がハゲてるう!」というママも少なくありません。

このような現象に「乳児期後頭部脱毛」というれっきとした名前がつけられているぐらいよくあることなので、心配いりません

この現象は産毛の性質が関係しているんです。産毛はコシがなく、柔らかな毛です。

生え変わっていない産毛が大半の赤ちゃんはまだまだ、おすわりもできない、首もすわっていないため、横になっていることが多いですよね。

そのため、いつも赤ちゃんの後頭部は枕や布団に密着し、こすれっぱなしで、産毛が圧迫を受け、ぺしゃんこになる、抜けやすくなるといった起きてきます。

しかし、首がすわり、おすわりができるようになって長く起き上がっていられるようになると、髪の毛が生えやすくなり、膨らみ、質感も感じられるようなっていきます。

赤ちゃんの時、髪の毛が薄いと大人になっても薄くなる可能性はある?

結論を先に言うと、全く無関係です。

ただ、赤ちゃんが男の子の場合、遠い未来、赤ちゃんが成人してからは、赤ちゃんのパパやママのお父さんたちの影響を受ける可能性はありますが、どの赤ちゃんも皆、それまでは赤ちゃんの時にハゲていても、その時の髪の量と2~3歳以降になった時の髪の量は無関係です。

脂漏性皮膚炎になると、抜けやすくなることも

赤ちゃんに多い湿疹に脂漏性皮膚炎があります。

体幹にはできず、首から上に湿疹ができるのが特徴です。
頭の中に黄色いかさぶたができたり、眉、おでこ、ほっぺなどにも湿疹ができます。

生後数週間から3、4か月頃にできやすく、一歳頃には皮膚が丈夫になり、あまり見られなくなります。

生後三か月ぐらいまでは、皮脂の分泌が盛んで、皮脂の出口である毛穴が未発達のため、皮脂が詰まりやすくなることが原因です。このような状況が抜け毛の原因にもなります。

毎日の入浴で、皮脂をしっかりと、丁寧に優しく洗うことが大切です。

どうしてもよその赤ちゃんと比べたくなります。
あなただけではない、皆、そうなんです。
正しい知識を身につけてそんな不安はぶっ飛ばしましょう。