最近話題のアミノ酸系シャンプー。アミノ酸系の界面活性剤を使用しているこのシャンプーは、低刺激で頭皮にやさしい性質を持っています。

今回は、アミノ酸系シャンプーのメリットとその見分け方についてお話しましょう。

「アミノ酸系」とは界面活性剤の種類の一つ

「アミノ酸系」とは、界面活性剤の種類を表しています。

すべてのシャンプーには、皮脂や汚れを落とすための、界面活性剤と呼ばれる洗浄成分が含まれています。界面活性剤には、油汚れを水に溶けやすくする働きがあり、水だけでは落ちにくい汚れも洗い流すことができます。

シャンプーに使われる界面活性剤には、大きく分けると3つの種類があります。

一つは、「高級アルコール系」と呼ばれるもの。代表的な成分は、ラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウムです。二つ目は、「石鹸系」と呼ばれるもの。通常の石鹸と同じく、脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムを主成分としたシャンプーです。そして、三つ目が、ココイルグルタミン酸Na、ラウロイルメチルアラニンNaといった「アミノ酸系」の界面活性剤です。

この3つの中で、アミノ酸系の界面活性剤には、他の2種類にはない大きな特徴があります。それは、洗浄力がマイルドである、ということです。

洗浄力がマイルドで、頭皮の乾燥を防ぐ

高級アルコール系や石鹸系の界面活性剤は、洗浄力が非常に強いのが特徴です。そのため、頭皮の皮脂や汚れをしっかり洗浄することができます。しかしその反面、皮脂を奪いすぎる傾向にあり、もともと皮脂の分泌が少ない人では、頭皮の乾燥を招きやすくなります。頭皮の乾燥は、フケや皮脂の量を増やしたり、雑菌が増えやすくなったりして、頭皮の環境を大きく悪化させてしまいます。

一方で、アミノ酸系の界面活性剤は、洗浄力がマイルドであるのが特徴です。そのため、余分や皮脂や汚れは落としつつ、良好な頭皮環境のために必要な皮脂は残すことができます。したがって、頭皮が乾燥するのを防ぐことができ、健康的な頭皮の状態を保つことができるのです。

成分表示でアミノ酸系シャンプーを見分ける

そのシャンプーがアミノ酸系シャンプーであるかを見分けるには、成分表示を確認してみましょう。水の次に表示されている成分が、そのシャンプーに使われているメインの界面活性剤です。

ここに、「ラウリル硫酸ナトリウム」や「ラウレス硫酸ナトリウム」と記載されていれば、それは高級アルコール系のシャンプーです。石鹸系シャンプーの場合は、「カリ石ケン素地」といった表示がなされます。

アミノ酸系のシャンプーでは、以下のような成分が表示されています。

・ラウロイルメチルアラニンNa
・ココイルグルタミン酸Na
・コカミドプロピルベタイン
・ココイルグルタミン酸TEA
・ココイルグリシンK

アミノ酸系シャンプーを選びたい時は、このような成分名の表示をよく確認しましょう。

いかがでしたか。皮脂の分泌が少なく、頭皮が乾燥しやすい人には、アミノ酸系シャンプーがおすすめです。フケが増えた、頭皮がベタベタする、イヤな臭いがするといった人は、一度アミノ酸系シャンプーを試してみましょう。