読者様から、「トウガラシの発がん性は大丈夫なのか?ダブルインパクトには多くのカプサイシンが含まれているので、副作用が気になっています」との質問を頂きましたので、カプサイシンの発がん性について調査をしてみました。

まず、結論から言いますと、ダブルインパクトのサプリに含まれているカプサイシンの量であれば、発がん性は問題ありません。ただし、必要以上の過剰摂取をした時は、発がん性の問題が生じる可能性があります

カプサイシンの発がん性が疑われた研究結果

ダイエットにつながると言われているカプサイシンの大量摂取に、発がんリスクがあることが判明した。

このショッキングな研究結果を発表したのは、ソウル峨山病院のキム·ホンシク教授チーム。

カプサイシン自体が発ガン性はないのだが、カプサイシンを大量に摂取すると、ナチュラルキラー細胞の放出機能障害が起きて、がんの発生を促進するという。ナチュラルキラー細胞は、癌細胞を壊死させる抗がん免疫細胞だ。

研究チームはがん細胞を対象に、カプサイシンを10μM、20μM、50μM、100μM(マイクロモル)の量を投与。ナチュラルキラー細胞活性が、カプサイシン投与前32%だったものが、50μM投与後は16%に、100μM投与後4%へと大幅に下落した

カプサイシン50μMは、通常、水1ℓに唐辛子150g(15個程度)を入れた量に相当。日本で食べられる激辛料理でもよくある分量だ。

ちなみにカプサイシン10μM、20μM投与では、ナチュラルキラー細胞の活性化が28%、27%であり、投与前の32%と大差なかった。適度な量であれば発がんリスクは生じないわけだ。

引用元:もぐもぐニュースより抜粋

おそらくですが、カプサイシンの発がん性が疑われているのは、この研究結果が発端だと思われます。

文中にもありますが、カプサイシン自体が発がん性を持っているのではなく、カプサイシンを多量に摂取すると、ナチュラルキラー細胞というガンと戦う細胞の働きを弱めてしまい、それが発がん性に繋がるという研究結果です。

注目ポイントは、カプサイシンの量

この研究結果で注目をしたいポイントは、カプサイシンの量です。カプサイシン50μMは、水1リットルに唐辛子150gを入れた量とあります。

トウガラシの種類にもよりますが、平均してトウガラシの内0.5%前後が、カプサイシンだと言われていますので、上記の研究のカプサイシン量は、0.75g=750mg相当の量だと考えることができます。

育毛サプリのダブルインパクトに含まれるカプサイシン量は1日6mgなので、研究結果の0.8%の量にしかなりません。10μM、20μMでは問題がなかったと研究結果でも証明されているので、危険量の0.8%にしか相当しないダブルインパクトのサプリは安全だと考えることができます。

ただし、注意点もある

ただし、気を付けなくてはいけないのは上記の研究は一気にトウガラシを摂取した時の量の実験なので、サプリのように毎日摂取した時の、発がん性がどうなるかが全くわからないということです。

しかし、日本の隣の韓国は日常的にトウガラシがたくさん入ったキムチを食べています。もし、その韓国で他国と比較して特定のガンが突出して多いという研究結果が統計的に出てくるようであれば、トウガラシが原因の可能性がある!?となりますが、今のところそのような研究結果は出ていません。

だから、個人の見解としてはサプリのダブルインパクト程度では、発がん性の問題がでる可能性は極めて低いだろうと考えています