みなさまもよく利用をしていると思う100均ショップですが、ここ数年はサプリメントも販売しているってご存知でしたか?今回は、なぜ100円でサプリを販売できるかの仕組みを紹介したいと思います。

DHCよりも安い100円サプリの秘密

サプリメントを1番安く販売しているのはDHCです。なぜDHCがこんなにも安く販売できているかというと、仕入れ方法が他社と違うからです。詳しく書いてしまうと守秘義務などに反してしまいので、詳細は省きますが、その他のメーカーと違う手法を取っているという事実があります。

では、DHCよりも安い100円サプリはなぜこんなに安いのかというと、DHCのように他社と違う手法を取っている訳ではありません。

例えばノコギリヤシエキスのサプリが1ヶ月で5,000円販売しているとします。1日に摂れるノコギリヤシエキスの量は320mgです。100均ショップのサプリは、単純にこれを100円で販売できるように割り算をします。

5,000円の販売価格を100円にすると、50分の1なので、1日に摂れるノコギリヤシエキスの量を6.4mgにします。そうすると1ヶ月で100円のノコギリヤシエキスのサプリを作れます。しかし、このままにするとあまりにもノコギリヤシエキスを摂取できる量が少ないので、1ヶ月分を15日分にしたりするなどして調整をします。

ただし、一度精力剤のマカサプリを詳しく調べてみたのですが、上記の説明だけではクリアできないほど、価格が安くコスパも良かったので、もしかしたらDHCのように独自の方法があるのかもしれません。

あとは、ダイソーのような大手だと国内に店舗数が2,800(2014年現在)店舗もあるので、スケールメリットで製造コストを落としている可能性があります。1店舗あたり10袋だけでも、一度に製造する個数が28,000袋にもなりますので、この数字は大手のサプリ通販会社と変わらない数字になります。

100円ショップのサプリのラインナップを知らないので、今度100円ショップにいって詳しく見てみたいと思います。