男女を問わず、思春期になると男性ホルモンの作用でヘアサイクルが変化していきます。と言っても、全身の毛がすべてヘアサイクルを変えるわけではありません。男性ホルモンが働く箇所は、あらかじめ限定されているのです。今回は、男性ホルモンと髪の毛の深い関わりを紹介します。

男性ホルモンの働き

男性の場合、子供の頃は髭や胸毛は軟毛なのでほとんど目立ちませんが、思春期になると髭も腋毛も硬毛化してきます。これが男性ホルモンの働きです。

男性ホルモンは女性ももっていますが、女性の場合、思春期を過ぎても顔や胸部分の毛は硬毛のままです。ただし、腋毛や陰毛は男女を問わず思春期の頃から男性ホルモンの作用で硬毛になってきます。

毛の発育に対する男性ホルモンの作用というのは、髭であれ、前頭部であれ、毛乳頭細胞がターゲットになっています。ところが、男性型脱毛症を起こす人の場合、男性ホルモンが髭では毛の発育を促進するシグナルをだし、前頭部では発育を抑制するシグナルをだすわけです。これはどういうメカニズムなのか。生体内で起こる反応を、試験管のなかで再現してみました。

男性ホルモンと抜け毛

試験管のなかで毛乳頭細胞と角化細胞という二種類の細胞を「共培養」し、そこに男性ホルモンを入れたときに毛乳頭細胞と角化細胞がどうなるかを調べたのです。まず、髭の毛乳頭細胞を使った実験では、男性ホルモンを加えることによって、角化細胞の増殖が促進されました。つまり、男性ホルモンによって髭が濃くなる、という現象が試験管のなかで再現されたわけです。

一方、男性型脱毛症を起こす前頭部の毛乳頭細胞を使って同じ実験をすると、角化細胞の増殖を抑制する結果が得られました。男性ホルモンが髭に及ぼす影響とは、まったく逆の作用です。

この実験は、「毛乳頭細胞から何かのシグナルがでている」という仮定で行っているので、毛乳頭細胞を集めて遺伝子発現を調べてみた結果、以下のことがわかりました。

思春期に男性ホルモンが増えてくると、髪の毛乳頭細胞からはIGF-1という成長因子が産生されます。このIGF-1が角化細胞を刺激して、髭の成長が促進されるのです。

片や、男性型脱毛症を起こす前頭部では、男性ホルモンが増えると毛乳頭細胞からTGF-β1という因子がでます。

このTGF-β1が、IGF-1とは逆に角化細胞が増えるのを強力に抑制したり、あるいはアポトーシス(細胞の死)を起こさせるのです。たとえばこのTGF-β1をマウスに打つと、脱毛が起きます

このことから、男性型脱毛症の発症には、男性ホルモンによって毛乳頭細胞から分泌されるTGF-β1が重要な鍵を握っていることが分かったわけです。発症のメカニズムが解明されたことで、急速に治療薬の開発も進みました。

このメカニズムを応用したものに、IGF-1を増やすダブルインパクトというサプリがあります。