蒸した大豆を搾って作られる豆乳、あなたは飲んでいますか?最近の研究で、豆乳に多く含まれるイソフラボンが、育毛にさらなる効果を発揮することが分かってきました。

今回は、豆乳の新しい育毛効果についてご紹介しましょう。

イソフラボンに新たな育毛効果が見つかった!?

大豆のイソフラボンの育毛効果については以前からすでに話題にのぼっていました。

例えば、イソフラボンは、体内で、薄毛の原因である悪玉男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)の量を抑えてくれる働きがある、といった具合ですね。

また、血管がもろくなる動脈硬化を予防するのに役立って、生活習慣病で脳や心臓の血管が詰まってしまうのを防いでくれる、なんて働きもあります。

このように、大豆イソフラボンは、体の内側から育毛と健康をサポートする成分として注目を浴びてきたわけですね。

そしてさらに、最近になって、さらなる育毛効果を裏付ける研究結果が発表されたのです。

イソフラボンとカプサイシンを一緒に摂取

イソフラボンといっしょに、唐辛子の辛み成分であるカプサイシンを一緒に摂取すると、育毛効果を発揮することが分かってきました。

イソフラボンとカプサイシンを一緒に摂取すると、体の中で、細胞の増殖を活発にする働きを持つIGF-1(アイ・ジー・エフ・ワン)というホルモンの量を増やします。これが頭皮の毛根の細胞に働くことで、髪の毛が増えてくるというわけです。

これまで話題になっていた働き以外に、さらに新しい育毛効果が分かってきたというわけですね。

コップ1杯の豆乳で無理なく補う

研究を行った大学によると、育毛効果を発揮するために必要なイソフラボンの量は、1日に約75mgくらいだそうです。

ちなみに、日本人のイソフラボンの平均的な摂取量は約30mgくらいです。あと45mgも足りませんね。どうしましょう?と、ここで登場するのが豆乳です。

豆乳には100mlあたり30mgくらいの大豆イソフラボンが含まれています。1日コップ1杯約200mlを飲めば、プラス60mgが摂取できるので、不足分を簡単に補えます。朝食のお供や、お昼のティータイムなど、お好みの時間で簡単に取り入れることができるのでとってもおすすめです。


いかがでしたか。1日コップ1杯の豆乳で簡単に始められる育毛習慣。あなたも今日から始めてみてはいかがでしょうか。