「昆布やわかめを食べると髪の毛が増える」という噂をご存じですか?最近になって、この噂が正しかった可能性が浮上してきました。

今回は、昔から語り継がれている海藻類と育毛の関係についてご紹介しましょう。

「海藻が髪に良い」は正しかった!?

「髪を増やしたかったら海藻を食べなさい」という噂を、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

この噂、実は本当なのかどうか、これまではっきりと分かっていなかったのです。どうやら、海藻の色が黒いことから、黒々とした強い髪の毛をイメージしたことで生まれた噂だったのでしょう。

しかし、最近になってようやく、この噂の正しさを示すかもしれない発見がなされました。

その鍵を握るのは、海藻類のネバネバ成分である“フコイダン”でした。

フコイダンがIGF-1を増やす

“フコイダン”という成分、ご存じですか?“フコダイン”ではありません。“フコイダン”です。

フコイダンは、昆布やわかめなど、海藻類のネバネバに多く含まれる成分です。近年、がん細胞をやっつけたり、免疫力をアップさせたりする可能性があることが分かり、世界中で研究が行われている成分でもあります。

このフコイダンに、育毛と深い関係がある”IGF-1(アイ・ジー・エフ・ワン)”というホルモンを増やす働きがあることが分かってきました。

IGF-1というホルモンは、細胞の働きを活発にしたり、細胞が増えるのを促したりする作用があります。つまり、フコイダンによって頭皮のIGF-1が増えることで、毛穴の細胞が活発になり、髪の毛が生えやすくなるというわけですね。

フコイダンは海藻のネバネバだけ

フコイダンは、海藻類のネバネバに多く含まれる成分です。海藻類を食べるときは、ネバネバも一緒に食べる方が、多くのフコイダンを摂取できます。メカブや昆布、もずくなどをポン酢でおいしく頂きましょう。

ちなみに、同じネバネバでも、山いものネバネバはムチン、オクラのネバネバはペクチン、納豆のネバネバはポリグルタミン酸とフルクタンといった具合に、それぞれ含まれている物質が大きく違います。フコイダンを摂取したいときには、必ず海藻のネバネバを食べるようにしましょう。

いかがでしたか。海藻が髪の良いのはネバネバのおかげだったというわけですね。今日の食卓から早速、ネバネバのフコイダンを取り入れてみてはいかがでしょうか。