唐辛子がいっぱい入った辛い物を食べるとハゲる…、そんなウワサを聴いたことはありませんか?

実は、唐辛子は注意して食べれば育毛に効果大の食べ物だったんです!

今回はそんな唐辛子と育毛の関係をご紹介しましょう。

唐辛子には育毛効果がある

「唐辛子ばっかり食べていると、頭皮から汗や皮脂がたくさん出るようになって、髪が抜けてしまう」といった話をよく耳にします。

確かにかいた汗や皮脂をケアせずにそのままにしておくと、不衛生になって、抜け毛の原因になるかもしれませんが…

それでも、唐辛子には、”ハゲるから辛い物は絶対食べない”と決めてしまうには余りにももったいない育毛効果を秘めていることが、最近の研究で分かってきました。

そのカギを握るのが、辛み成分のカプサイシンです。

効果のカギはカプサイシン

唐辛子ってすごく辛いですよね?この辛さは、唐辛子にたくさん含まれるカプサイシンという成分によって作られます。このカプサイシンが、実は育毛に効果を発揮するのです。

カプサイシンを食べると、体の中でIGF-1(アイ・ジー・エフ・ワン)というホルモンがたくさん作られます。このホルモンが頭皮に働くことで、髪の毛の素になる細胞が活発になるため、髪の毛が増えるとうメカニズムです。

このようにカプサイシンは体の中から働いて育毛効果を発揮してくれるというわけですね。

食べる時はちょっと注意が必要

「よし!それじゃ唐辛子をじゃんじゃん食べて髪の毛を増やそう!」と思われたあなた…、ちょっと待ってください。

実は、この育毛効果は、カプサイシンだけでなく、大豆などに多く含まれるイソフラボンといっしょに食べた時に発揮される効果なのです。唐辛子を食べる時は、マーボー豆腐のように、大豆製品といっしょに食べるのが効果的です。

また、カプサイシンには、大量に食べ過ぎると胃の粘膜を荒れさせる働きがあります。そして、頭皮の汗や皮脂の分泌も活発にするため、頭皮のケアを怠ってしまうと逆効果になることもあります。

一度に食べる量は、少し辛みを感じるスパイス感覚くらいの量で十分に効果を期待できます。


いかがでしたか。

これまで、抜け毛の原因になるからと辛い物を避けてきた方は、ぜひ毎日の食事にカプサイシンとイソフラボンを取り入れてみて下さい。