初めて僕がハゲを意識をしたのは、もう10年以上も前の中学時代です。

それは、先生がハゲていたのではなく同級生のM君が10円ハゲになったからです。

今思い返しみても生まれて30年以上経過しますが、あそこまで見事な10円ハゲは彼以外お目にかかったことがなく、10円ハゲすらリアルな交友関係で遭遇したことがありません・・・

M君が10円ハゲになった原因はご察しの通り「ストレス」が原因です。

じゃあ、そのストレスの具体的な原因はなにかというと、「家庭環境」が原因だったと思います。

まず、彼の母親が非常に潔癖症でいつも家はとても綺麗でした。1番印象的だったのが、貧乏な家庭の友人が遊びにいった時に裸足だったのですが、なんとそこにスリッパを貸すのではなく、普通にビニール服を足に履かせたのです・・・

これはインパクトが強すぎて未だに全く忘れることがありません。

そして、父親がとても神経質でうるさく厳しい人だったのです。

そりゃ、父親、母親がうるさかったら毎日のことで逃げ場がなくハゲるだろうなと大人になって納得しています。

それで思春期で拍車がかかってしまい彼は見事な10円ハゲになってしまったという訳です。

大人で10円ハゲをあまりみかけないのは、ストレスへの耐性がある程度ついているから?かなと個人的に思っています。

僕もハゲそうなくらい仕事でプレッシャーがかかり過度のストレスがかかり、実際前髪がかなり後退したことがあります(苦笑)

ストレスでハゲるとよく聞きますがそんなことないやろと思っていましたが、実体験をした身としては、過度のストレスはハゲの十分な原因になると思っています。