飲む育毛剤を飲んでも、すぐに毛は生えません。それまでの間、どのような対策が必要でしょうか。薄毛の男性は、どのような外見上の対策を講じているのでしょうか。簡単な方法から難易度の高い方法まで解説しましょう。

パターン1:薄毛を髪型でカモフラージュする方法

額の生え際が怪しくなると、必ずといっていいほど、前髪を下ろします。俗にこの状態は「タコ足」と呼ばれます。ひたいに垂れ下がった前髪が、タコの足のように見えるからです。この方法の欠点は、薄毛が進行していますので、髪質は細くフニャフニャになっているにもかかわらず、カバーする範囲が広がっていますので、外見上は清潔感に欠ける髪型になります。

どんどんエスカレートすると、その究極形である「バーコード」と呼ばれる「1:9分け」になります。ほとんどといっていいほど同じ罠に陥ってしまいます。

上手い髪型をつくる原則は、「あえて薄毛を隠さない」ことです。薄毛の初期にはあえて短髪にしましょう。たとえばベッカム・カットや坊主頭などにしたほうが、個性的に見え、薄毛を感じさせません。欠点を開き直って、露出することで「他人はそんなに気にしていない」ことがわかります。

パターン2:カラーリングや「フリカケ」を使う方法

日本人の肌の色は比較的白く黒髪なので、コントラストがつきやすく、薄毛がめだちやすいといわれています。このようなときは、薄めのカラーリングで対応します。芸能人でもやっている人をよく見かけます。難易度が高いのですが、服の色とコーディネートするとおしゃれに見えます。とてもよい方法ではあるものの、公務員や営業系のサラリーマンなどの堅い職種の方々には採用しにくいかもしれません。

次に問題なのが、通称「フリカケ」と呼ばれている、黒い粉をふりかけて薄毛部分の地肌を黒くする方法です。遠くからの見た目はいいのですが、近づくと平面的で、まるで絵に描いたような頭髪になり、不自然に見えます。ある程度開き直らないと使用できません。もっとも、円形脱毛症のような、小さなカモフラージュには適しています。

パターン3:装着品を利用する方法

まずは、増毛法の一種で俗称「チューリップ」と呼ばれる方法です。これは、残っている自分の毛の根元に、数本の人工毛をしばりつけるものです。一本を五本くらいに増量できますので効果的かと思います。

短所は、はげた人には向かないこと、髪が伸びると結び目が上がってしまい、ブラッシングができなくなることです。

次に一般的な方法として「かつら」があります。この方法の長所は、一気に外見を改善できることにあります。最近では接着剤でかつらを頭皮に固定したり、残っている頭髪にかつらを編みこむものなど、ハイブリッドな商品も販売されています。短所は、夏には暑く汗が多く出ること、品質の管理に時間をとられること、最終的なカミングアウトが難しいことでしょう。おしゃれに、まるでスーツを着こなすように使われるのなら、よい方法でしょう。