1. 育毛理論の根拠

コンブやワカメに含まれるフコイダン(ヌルヌル成分)が知覚神経を刺激し、IGF-1を増やすと言われています。IGF-1は岡嶋教授が見つけた育毛理論です。他にも海苔に海苔ペプチド(体内で消化されてペプチド化する)が同様の働きがあると言われています。

※この内容は岡嶋教授がカプサイシン、イソフラボン以外にもIGF-1を増やす方法があると、語った内容です。研究結果があるらしいので、現在根拠になっている研究を探しています。

2. 論文の存在

現在、探していますが見つかっていません。

3. 報告の数は多いのか?

探している最中です。

4. 論文通りの配合量でサプリメント化されているか?

詳細を確認中です。ただし、フコイダンには様々な健康効果があると考えられており、たくさんのフコイダンサプリが販売されています。金秀バイオのフコイダンサプリなら間違いないと思われます。

海藻(海草)が育毛に効果的だと言われている都市伝説的な話は、おそらく海草の色が深い緑で褐色のため髪の毛と非常に似たイメージです。昔のコントネタでワカメやコンブをカツラ代わりに使うといったネタもあったぐらいですからね。

ただし、それはイメージだけであり実際には直接的な育毛効果の科学的根拠はありません。それでも、海草はミネラルや食物繊維を豊富に含んでいるので健康に良いことには変わりはありません。

また最新の研究でコンブやワカメに含まれるフコイダンや海苔ペプチドが知覚神経を刺激し、IGF-1を増やすことがわかってきています。個人的にも海草は普段の食事から積極的に摂取してもらいたい食べ物だと思っています。