health-621356_640

訪問ありがとうございます

このサイトは、サプリ業界で10年働いてきた私が、「薄毛で悩んでいる人のために作った育毛剤とサプリに関するサイト」です。

まず、最初にお伝えたいしたいことは、インターネット内で評判の育毛剤、育毛サプリでは、あなたが求めている「髪の毛を増やしたい」という悩み答えられない可能性が高いという事実です。

なぜ、こんなことを最初にお伝えしたかというと、育毛におけるベストの選択肢は、「塗る育毛剤のリアップ」と「飲む育毛剤のプロペシア」の二択のみと断言してもいいほど、この両製品の育毛実績は突出しているからです。

「世界中で販売されている」
「確かなエビデンス(科学的根拠)がある」

たったこの2つの確かな事実があるだけで、両製品の効果を疑う余地はありません。

リアップの1年間投与の臨床結果

リアップは52週間(13ヶ月)の臨床結果が報告されています。

著名改善(明らかに増えた)・・・10%
中程度改善(そこそこ増えた)・・・60%
軽度改善(少し増えた)・・・21%

髪の毛に変化があった割合は、実に91%です。

変化なし・・・4%
悪化・・・2%

反対に変化がなかったのは、4%。
残念ながら悪化したは、2%だけでした。

プロペシアの3年間投与の結果(1mg)

・1年の結果
著名改善・・・0.8%
中程度改善・・・10.6%
軽度改善・・・46.2%
不変(変化なし)・・・40.2%
悪化・・・2.3%

・3年の結果
著名改善・・・2%
中程度改善・・・32.3%
軽度改善・・・37.4%
不変(変化なし)・・・25.3%
悪化・・・3%

1年で変化があった割合は、57.6%。
3年で変化があった割合は、71.7%

変化があった割合はリアップの結果に及びませんが、「薄毛が進行した割合はたったの3%」ということになります。

これだけの長期間で改善数字化がここまで高い商品は、他の育毛剤、医薬品、サプリにはありません。

エビデンスがないので、明確な回答ができない

あなたが購入しようと興味がある育毛剤、サプリは、
エビデンスがありますか?
世界中で販売されていますか?

満足度89.5%、継続購入率90.7%など他の数字に惑わされていませんか?

育毛剤でもサプリでもかまいませんが、販売会社に「何%の人が髪の毛が増えていますか?」と質問をしたら、明確な答えが返ってくる商品はないと思います。

おそらくほとんどの業者は、「薬事法に触れるのでお答えできかねます。その変わりに、満足度や継続購入率は何%です」と返してくる業者ばかりです。

薬事法に触れるのは事実なのですが、1年間で100人規模の大人数できちんと調査をしている可能性は、ほぼないので、自信を持って回答できないからです。

結局、エビデンスがほとんどの育毛剤、サプリにはありませんので、リアップ、プロペシア以外の育毛剤、サプリでは正直効果が弱いものばかりになります・・・

仮にエビデンスを持っている商品があったとしても、世界中で販売できるチャンスがあるのに「なぜ販売しないのか?」と考えると、「エビデンスを持っていないから世界中で販売するチャンスはない」という結論が出ます。

なぜ、そこまで断言できるかのかというと、サプリの原料メーカーのデータで「育毛に効果があることを証明できるエビデンスを私自身が見たことがない」からです。

10年間サプリ業界にいましたので、育毛に効果があると言われているノコギリヤシ、ミレット、海藻などたくさんの原料を知っていますが、「育毛に関するエビデンスを持っている原料は、ほとんどありませんでした。」

だから、効果がある育毛サプリを作って欲しいとクライアントから依頼されても、商品設計をしようにも根拠となるエビデンスがないために、作ろうにも作れないというのが正直な本音です。

効果が不明な育毛サプリを開発した張本人

その証拠の一つとして、私はとある育毛サプリの商品開発をしたことがあります。

今でこそたくさんの種類の育毛サプリが販売されていますが、ひと昔前では商品数が少なかったです。

市場にライバルがいないこともあり、私が開発に関わった商品は、ヒット商品とまでは行きませでしたが、とてもコンスタントに売れる育毛サプリになりました。

売れたということは、「何かしら髪の毛に効果があった」と思われますが・・・

私もサラリーマンでしたのでクライアント(販売会社)の意向に沿って商品設計を行いました。

しかし、出来上がった育毛サプリは、とてもじゃないですが「髪の毛を増やす」という効果があるとは思えませんでした。

なぜなら、サプリの商品開発をするときには、原料メーカーからの「エビデンス」を基に商品設計を行います。

私が開発した育毛サプリに使用した原料にはエビデンスがほとんどいっていいほどなく、商品としては魅力がありそうでしたが、効果が出る可能性としては非常に少ないものでした・・・

もしかしたら奇跡的に絶妙な配合で、相乗効果があった可能性もゼロではありませんが・・・

余談ですが、何年も販売を行いましたが、「クライアントから実際に髪の毛が生えた購入者がいる」という報告はありませんでした

ただ、継続的に売れたという事実はありますので、「髪の毛が太くなった」「コシが強くなった」「抜け毛が減った」などの何らかの効果があったのも確かです。
そうでないと、いくら宣伝広告が上手くても継続的に売れる訳がありませんからね。

効果が出る可能性が高いサプリの判断基準

10年もサプリ業界にいると、効果がある商品か無い商品化が、直感でわかります。

私が効果があると判断する基準はただ1つで、「エビデンスがあり、なおかつそのエビデンスが出た時と同じ原料の配合量で設計されている」ものだけです。

よく誤解されるのは10種類や20種類の原料が配合されているものほど良いと、インターネット内では薦められていますが、私はそういうものほど効果が出にくいと考えています

なぜなら1つ1つの原料の配合量が少ないために、その原料の本来の働きを期待することがとても難しいからです。

ですので、配合されている種類の数ではなく、1つの原料だけでも良いので、「きちんとエビデンス通りの配合量がある」この1点だけを重視しています。

その中でもノコギリヤシオイルを320mg配合しているものが、唯一信頼できると考えています。

もちろん中には、原料の配合量を公表していなくても、良いサプリがあるかもしれません。

非常にシンプルな考え方なのですが、普通なら「自信がある情報は公開する」。
反対に「自信がない情報は非公開にする」のが当たり前のことです。

だから、「良い商品設計がされている=原料の配合量を公表している」と考えています。

市場の商品を見渡すと、サントリー、DHC、小林製薬、ファンケルといった大手は、当然のように原料の配合量を公表しています。

配合量に自信があるし、大手ならではのクリーンさで真っ向勝負していることの証拠です。

大手でも全成分表示しているのは、小林製薬だけで、他の企業は「自信がある原料のみ配合量を公表」しています。

サプリは法律で原料の配合量を公表しなくても良いと定められていますので、中小の通販会社の中には、原料の配合量を公表しないで、「イメージだけが良い商品」を作り、広告戦略のテクニックだけで販売している会社があります。

そんな商品を私は嫌というほど開発してきましたから、よくわかります。

イメージだけが良い商品がたくさん売れるのに、本当に良い商品は広告戦略で遅れを取り、あまり売れないことも多くありました。
そのような商品もとても数多く見て来ました・・・

宣伝広告の上手さを悪く言うつもりはありません。
ビジネスとして真っ当な戦略ですからね。

間違いない事実として、売れている商品≠良い商品設計で効果が出やすい、訳ではありません。

当サイトの目的

当サイト以外でも、たくさんの育毛剤に関するサイトがあり、宣伝広告に長けているサイトが多いと思います。
宣伝広告の上手さはそういうサイトや通販会社にお任せします。

当サイトでは、私の10年間の業界内での経験を基に、正直に育毛剤、育毛サプリの良い悪いを判断し、「正しい情報をお伝えする」ことが最大の目的です。

大げさな表現は使いませんし、専門用語も多く出てきて、つまらない内容かもしれませんが、「髪の毛を増やしたいと思っているあなたの悩みの解決」を少しでもお手伝いしたいと思っています。

正直に申しますと育毛剤はサプリと異なり専門外になりますが、化粧品や医薬部外品業界の人との関わりもおかげさまでたくさんありました。

ですので、育毛剤に関しても、どこの誰が運営しているのかよくわらない育毛剤サイトよりは、信頼性が高い情報をお伝えすることができます。

自分にあったベストな育毛対策に迷っている方必見

リアップ、プロペシア、医薬部外品の育毛剤、サプリ、カツラ、自毛植毛など、育毛対策は種類が多く、自分にあったベストな対策がわからずに悩んでいる方が多いと思います。

ベストな選択肢は「優先順位」と「育毛の目的と緊急性」がキーポイントです。

自分にあった育毛対策は何か?医薬品、サプリ、AGAクリニック、カツラ、植毛を徹底比較

カテゴリー一覧

育毛剤について

育毛サプリについて